ヌードルキッチンキョウ@富士見市 鶴瀬でラーメン「塩そば」

2019年2月昼、埼玉県富士見市は鶴瀬のラーメン屋「ヌードルキッチンキョウ」に行ってきました。

お店は、鶴瀬駅から徒歩17分ほどの立地です。
駐車場は、少し離れたところにあるのですが非常に分かりにくい。店頭に地図が張り出されていました。

入口入って正面の券売機で食券を購入してからカウンター席に付きました。

塩そば 780円 3.5

塩そば、煮干そば、醤油そばとあり、通常だったら煮干にいってしまうところですが、塩が一番推しな感じでしたので塩そばにしました。

見事に澄んだ清湯スープで美しいですね。非常に上品なあっさり塩味のスープで、あまりに繊細で素朴な味わいなんですが、どこか深みがありチープさの欠片もありません。
これは鶏清湯なのかな?尖った主張はないものの、しっかりした旨味を感じます。

塩加減がこれまた絶妙で、麺を食べるには十分力のある味がするのですが、スープだけ飲んでも全く塩辛さを感じない、不思議と良い塩梅に仕上がっているのです。
尖ったところのないマイルドな塩味でありながら、しっかり味に力があるのはさすがです。

そういえば水面にはキノコを刻んだもののようなものが浮いていて、一口目に丁度そこに当たって強い風味を感じました。チョイ洋風なキノコの風味がまた良いアクセントです。

麺は中細のストレート麺で、全粒粉を使っていると謳うだけあってかなり星が見えます。
ラーメンでここまでくっきりと粗挽きの星が見えるのもなかなか珍しい。
やや低加水のややパツパツ麺で、澄んだあっさりスープによく合います。

具は、豚鶏のレアチャーが1枚ずつ、水菜、刻み紫玉ねぎ、穂先メンマです。

チャーシューはパッと見た感じそれほど美味そうには見えなかったんですが、レア度が素晴らしく非常に美味かった。最近割としっかり火が通ってしまっているレアチャーばかりに当たっていたので、素晴らしく美味かった。

紫玉ねぎはかなり細かく刻まれていて、スープに溶け込むと少し味わいに変化があります。
彩りはキレイですが、個人的には繊細なスープが濁るので要らない気がしました。


煮干しそば 750円 3.5

2019年7月午後の訪問。今回は煮干しにしました。

澄んだ煮干しスープに醤油ダレのラーメンですね。
スープを一口飲んで感じたのは、もの凄くガッツリ煮干しが来る系ではなく、じんわりと優しい煮干しの旨味を感じるものでした。
エグミのたぐいは皆無で、とにかく優しい旨味がきますね。

なんか煮干しが前面に来るというよりは、前回の塩と同系統な味わいなような気もしました。
鶏清湯に煮干しを合わせたものなのかな?エグみがないからそう感じるだけかしら。

最後の方は、煮干し酢を加えるとまた違った味わいになりました。

麺は煮干しラーメンに相応しい、やや低加水のパツッとしたストレート細麺ですね。
この手のあっさり系のスープにもよく合います。
150グラムということですが、ラーメンとして結構しっかりした量がある印象でした。

具は前回と同じレアチャー、水菜、刻みタマネギ、穂先メンマですね。


醤油そば 780円 3.5

2020年6月夜の訪問。今回は醤油ラーメンにしました。

澄んだスープはやさしく繊細な味わいの醤油スープです。
和の出汁+鶏みたいな感じなのかな?
昆布の旨みと、少し浮遊する鰹節の淡い旨みが効いている感じですね。それと鶏脂っぽい動物系の旨み。

醤油も角なく丸くじんわり染み渡ります。
決して尖ったガツンと来るスープではないのですが、染み渡りますね。
今回、肉体労働後だったからか、割と塩気を感じてしっかり味がするなという印象でした。

具と麺はいつもの通りですね。固めに仕上がった細麺の食感が良い!

ローストポーク丼 300円 3.4

サイドメニューのローストポーク丼も頼んでみました。

ミニ丼としてはご飯はそこそこなのですが、ローストポークが少し少ないなあ。
写真だとしっかり乗っているように見えるけど、マジで少なかったのよ。

肉も柔らかで、味も甘酸っぱい醤油ダレにホースラディッシュという感じの、まさにローストビーフのタレ調の味わいで文句なく美味い。

でもやっぱり肉が少ないよ・・・

ヌードルキッチンキョウ 店舗情報

食べログ → ヌードルキッチンキョウ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県富士見市の人気記事

コメントを残す