パティスリー ルリエ@鶴ヶ島市でケーキを買った

2021年4月午後、埼玉県鶴ヶ島市の洋菓子屋「パティスリー ルリエ」に行ってきました。

お店は、笠幡駅から徒歩27分、鶴ヶ島駅から徒歩29分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

ロッシュ・ド・ノア 497円 3.8

イタリア産のマスカルポーネチーズのムースと、スイス産のミルクチョコレートのムースを重ねたケーキです。

マスカルポーネの方はあまりチーズチーズしていない、ほんのり優しいチーズ感のムースで、カスタードに近い感じの濃厚なムースでした。

チョコの方も舌触り濃厚なムースですが、こちらはチョコの風味も非常に濃厚です。単純にチョコの味が美味いですね。非常に濃厚で上質な味わいなのですが、ビターに濃い感じではなく、ミルク感というか、どことなく上質なココアみたいな味わいがあります。単純に素晴らしいチョコムースでした。

ムースの上下をダックワースでサンドしてあるのですが、これまた素晴らしいダックワースでした。

最上部はサクサクに仕上がっていて、内側はもっちりしっとりで素晴らしい食感のコントラストです。こんなにサクサクしていて、もっちりしっとりなダックワースは初めてかも。とにかくハイレベルです。アーモンドの細かいカケラの食感もあり最高ですね。

底の方のダックワースは薄くて表面がサクサクもしていませんが、しっとりもっちり感が素晴らしすぎて、こちらも変わらず美味いです。ムースもめちゃくちゃ美味いけど、ダックワースに驚きました。

ミロワール・カシス 475円 3.8

円筒形のカシスのムースがメインのケーキですね。

まずカシスのムースからいただいてみましたが、やはりレベルが高いです。ほんの僅かにカシスの繊維感を感じる以外は、物凄く丁寧に濾されて滑らかな舌触りをした上品なムースです。極めてほんの微かに果物の繊維の歯触りが感じられるのが洒落ています。

どこまでもすっきりクリアな、カシスの甘酸っぱさを活かしたムースで、非の打ちどころのない素晴らしい味わいです。

底の土台は薄いチョコレートの生地で、カシスムースの内側には、先程のケーキのものと同じ、スイス産のミルクチョコレートのムースが配置されています。こちらも相変わらず素晴らしい味わいですね。

また、カシスの実と、カシスの酸っぱいソースも中心に配置されていて、こちらも良いアクセントになっています。


2021年6月午後、埼玉県鶴ヶ島市の洋菓子屋「パティスリー ルリエ」に行ってきました。

タルト・シトロンヴェール 529円 3.4

タルト系も食べてみたいと、期間限定のこちらにしました。
タルトに円柱状のライムのムースが乗ったシンプルな構成です。

タルトとムースの間には、砕いたアーモンドとフィアンティーヌを、ややキャラメル風味のチョコで包んだものが敷かれていました。すごくシンプルな構成と味わいですね。

タルトは流石にサクッと仕上がっていて申し分ありません。やはりしっかりしていますね。

ライムのムースの方は、甘酸っぱさが際立ちこれまた良い味ですが、舌触りはわりとべったり濃厚系寄りです。この形状を保つにはこのくらいの濃厚弾力は必要なのでしょうけど、少し重めに感じました。ムースというより、柔らかライムプリンという印象ですね。

シチリアレモンみたいな甘酸っぱい味わいで美味いですが、上に乗っているライムを絞ると、さらに酸味が増して味わい豊かになります。

これはこれで美味いですし、ケーキの中の薄い層でしたら上質に感じたと思いますが、これがメインなのでやはり少し重く感じがちかなあ。

いや、すごく美味いのですが、前回で期待値が上がりすぎていたのと、シンプルな構成で味がこれだけなので、あまり凄い感激はありませんでした。

ポワール・キャラメル 486円 3.5

その名の通り、洋梨とキャラメルのケーキですね。
下からスポンジ、キャラメルのムース、スポンジ、洋梨のムースと重ねられたシンプルな構成で、上部には梨のコンポートの煮汁みたいなシロップが塗られて、梨のコンポートが飾られています。

上の梨のムースは、淡い梨風味の滑らか柔らかな上質なムースで、洋梨の食物繊維の細かいゴリゴリ感がしっかり感じられるもので、これはまさに洋梨のムースだなあとしっかり感じられます。

一方のキャラメルのムースの方は、ゴリゴリに濃いキャラメル感のベッタリタイプではなく、しつこくない程度にしっかりとキャラメルを感じる淡くさっぱりしたもので、大変に上質でした。

スポンジも結構な厚みですがしっとりしていて上質でした。きめ細かい気泡のほろっと崩れるようなスポンジではなく、詰まっている感ある生地にデカめの気泡のスポンジですが、割とビスキュイジョコンド寄りですが、しっとり柔らかでとても上質でした。


2021年7月午後、また行ってきました。

白桃のタルト 713円 3.6

ルリエにも丸ごと桃のケーキがありました。当然期間限定です。
しかし、桃丸ごと使っているとはいえ、結構なお値段ですね。

構成としては、この手のケーキの標準的なもので、タルトの土台の上に、薄いスポンジが敷かれて、カスタードクリームの詰まった中心をくり抜かれた白桃がドカッと鎮座しています。

白桃ですがサイズもなかなかで、美しいですね。食べてみるとやや甘味酸味が大人しめで、桃の香りもそれほど濃くはないかな。でも食べる場所によっては、甘味酸味香りがしっかりしていました。もう少し桃の風味が濃いほうが好みかな。

フォークを入れた感覚ではものすごく熟した柔らかな感じではなく少しだけ硬めな印象でしたが、実際に食べてみるとこんなにジューシーな桃あるのかというくらい最高レベルにジューシーでした。風味はあと一歩ですが、このジューシーさには驚きました。

種をくり抜いた部分にはカスタードが詰まっていますが、オレンジがかった濃厚なもので、色的にたまごの風味が濃厚なのかなと思いましたが、むしろミルキーな風味が濃厚でしたね。
ジューシーな桃との組み合わせは最高です。

底のタルトはしっかり厚みがあるもので、硬めで物凄くサクサクです。サクサクというよりシャクッとした感じの上品ながら派手なサクサク感で、派手さと上品さを兼ね揃えた素晴らしすぎるタルトです。その上にはこれまた硬めなアーモンド生地が乗っていて、こちらも上質です。素晴らしいタルトの土台でしたね。

フロマージュ・アプリコ 475円 3.7

その名の通りアプリコットのレアチーズケーキですね。

上部はホイップクリームやチョコの飾りなどが付いて美しいですね。
アプリコットのコンポートが乗っていますが、アプリコット要素はこれくらいな気がしました。少し酸味もあったから、チーズケーキ部分にアプリコット要素が入っていたのかな?

メインのレアチーズケーキが上半分というか大半を占めますが、滑らか柔らかで美味いですね。ゼラチンで固めたような感じが濃くなく、濃厚にクリームチーズを使ったようでクリームチーズ系の舌触りです。チーズ感も濃厚で、仄かな酸味と程よい甘味で上品に仕上がっています。

その下には薄い柑橘の層が入っていて、果肉とジュレでできている感じですね。
みかんっぽい爽やかな甘酸っぱさが際立ち、良いアクセントになると同時にレアチーズケーキを引き立てます。

底は割と硬めのビスキュイで、細かいアーモンドの歯触りがあります。
硬めのビスキュイですが、上の層の水分がジュブジュブに浸透してしっとり柔らかです。

パティスリー ルリエ 店舗情報

食べログ → パティスリー ルリエ

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県鶴ヶ島市の人気記事

コメントを残す