しばざき食堂@東松山市でイワシフライ定食

2021年5月午後、埼玉県東松山市の「しばざき食堂」に行ってきました。

お店は、鉄道駅からは遠く離れた立地のため、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の横にあります。

イワシフライ定食 650円 3.8

昔ながらの食堂で、定食系は実に色々なメニューがありますね。うどんメニューが充実してるから、うどんも売りなのかな。定食系はどれも1000円以下でリーズナブル、というか650円くらいのものも目立ちかなり安いです。

とんかつとかアジフライでも良かったのですが、いわしフライが少し珍しかったので、これにしてみました。

なかなか立派な目方のイワシの半身を揚げたものが3つですね。
サラダも添えられていて過不足なし。ご飯、味噌汁、漬物、小鉢という充実の内容です。

ご飯がなかなかハイクオリティで、特別超上質という感じの米ではないものの、艶やかに炊かれていて非常に状態が良いです。

漬物もしっかりした白菜漬けと大根漬けで良いですね。

小鉢は大根や肉などを甘辛醤油で炊いた定番の煮物ですが、甘さは割と控えめで辣油が入って少しピリッとしてパンチがあり美味いです。

メインのフライですが、小ぶりなイワシにしては立派なサイズですよ。
しっかりしたものが3点で十分なボリュームです。

綺麗に揚がっていて美しいですね。衣は割とハードめにカリッと仕上がっています。

中のイワシは超熱々柔らかで、トロッと舌の上で消えて無くなるような感覚でした。
小田原の大原で食べたような、口溶けの青魚のフライを彷彿とさせますね。

アジよりイワシの方が繊細で柔らかな身とはいえ、内陸の片田舎でこんな口溶け柔らかなフライを楽しめるとは思いませんでした。

全体的にクオリティが高いものが出てきた印象で、超リーズナブルな食堂としてはかなり素晴らしいのではないでしょうか。


2021年6月午後、埼玉県東松山市の「しばざき食堂」に行ってきました。

アジフライ定食 650円 3.9

前回イワシフライが素晴らしい美味さだったので、今回はアジフライにしてみました。

アジフライは標準的なサイズのアジフライが2尾分ですね。650円の定食でこれだけのものが出てくるのは立派だなあ。

定食内容は、前回と同じ感じで、ご飯、味噌汁、漬物、小鉢でした。
小鉢は、もやしなどを淡い酢醤油で和えたもので、ごま油も効いていました。

相変わらずご飯のクオリティが高く、特別甘味や風味が濃いわけではないのですが、食感や瑞々しさやねっとり感が素晴らしいです。

メインのアジフライですが、イワシ同様に素晴らしいものでした。

衣は少し細かめのものが、比較的ハードに仕上がっています。

アジの身は、ふっくら柔らかに仕上がっていて、ホロッと舌の上で溶けます。
特に最初の方は揚げたて超熱々で、非常に柔らかな口溶けです。

衣がややハードなので、余計にアジの身が溶けて無くなるような感覚を覚えます。これは素晴らしいね。

もはや小田原の名店である大原と肩を並べるレベルです。わざわざ遠く小田原まで行かなくても、東松山市と川島町の境で食べられてしまいます。

この定食が650円というのは驚きです。


2021年7月午後、埼玉県東松山市の「しばざき食堂」に行ってきました。

エビフライ定食 900円 3.5

今回はエビフライにしました。全体的に超リーズナブルな定食類が並びますが、エビフライは最も高価な定食です。

この安すぎるお店で900円だと、どんなすごいのが出て来るのかなと思いましたが、出てきたものは意外と普通でした。中型エビフライが三尾と標準的な定食だなという印象でした。

定食内容はいつもの通りですね。小鉢はトマトを醤油ダレで和えたものでした。

ただ、積まれているものを並べてみると、一本が意外と太くて立派ですね。
大海老フライとは言えませんが、安っぽいショボいエビフライとは一線を画します。

結構立派なのが3本でこの値段はやっぱり凄いですね。

衣は相変わらずハードめにバリッと仕上がっていて、中の海老はプリッとしていて文句なしですね。タルタルソースがよく合う、しっかりまとまった高品質なエビフライです。

衣で誤魔化していることもない、しっかり太いエビが入っていて、食べ応えあります。

アジやイワシフライみたいに特別感はありませんが、この値段でこれだけ海老フライを食べられたら大満足でしょう。

しばざき食堂 店舗情報

食べログ → しばざき食堂

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県東松山市の人気記事

コメントを残す