らー麺本舗@川越市でエビ塩ラーメン

2021年7月夜、埼玉県川越市のラーメン屋「らー麺本舗」に行ってきました。

お店は、鉄道駅からは遠く離れた立地ですので、車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の横にあります。

昼間はうどん本舗として営業しているうどん屋が、夜営業でラーメンをはじめました。

エビ塩ラーメン 750円 3.5

ラーメンつけ麺が色々揃っていましたが、何となく気になったエビ塩ラーメンにしました。
大盛り普通盛りがありますが、普通です。割とたっぷりと盛られて出てきた印象ですね。

第一印象はスープが透明で澄んでいるなという感じですね。昔ながらの中華料理屋のタンメンみたいにすごくクリアな透明です。底の方に行くと黄金色でしたが、水面は本当に透明に見えました。

色からしてかなりさっぱりな鳥出汁かなと思いましたが、しっかりした海老感が1番に来ましたね。クリアな海老感がしっかり濃厚です。

みそや殻までガッツリ炊いたような濃厚な海老感ではなく、むきエビを優しく炊いた感じの淡いエビ感なのですが、その海老の感じがしっかりと濃厚なのです。

エビの風味を存分に味わえるあっさり塩スープです。

元々うどん屋なので麺にこだわりはあるんだろうなと思っていましたが、確かに存在感ある麺ですね。

普通盛りにしましたが、結構な量ですね。ラーメンなので茹で前で200グラムはあると思います。多分大盛りは300とかあるんでしょうね。非常に食べ応えがありました。

割としっかり太めの中太麺でやや縮れで、機械で押し出して製麺したというよりは、うどんみたいに切ったような断面をしていますが、太さが非常に揃っているので流石に手打ちではないでしょう。

うどんとはまるで違いしっかりラーメンの麺をしていますが、それでもどことなくうどんっぽい雰囲気も微かに感じるラーメンの麺なのは、先入観のせいなのかな。

具がまたすごく豪華で、ホロッと柔らかなチャーシュー2枚、割とハードな食感のメンマがたっぷり、味玉、木耳、海苔、水菜ネギ青菜などのミックス葉物など、ノーマルとは思えないくらい豪華です。この値段でこの麺量や具材の豪華さは素晴らしいですね。


2021年9月夜、埼玉県川越市のラーメン屋「らー麺本舗」に行ってきました。

つけ麺 醤油(並) 800円 3.5

今回は醤油味にしましたが、またラーメンだとつまらないので、つけ麺にしてみました。

つけ汁はシャバ系で少し濃いめのラーメンスープっぽいので、麺の違いが主なのかなと予想。

その麺ですが、盛りが良く並ですが300グラムくらいはありそうですね。
まあ、つけ麺なんでそんなもんか。

やはり、うどん屋なので麺が主役感ありますね。このつけ麺は特にそうで、つけ麺の麺としてもかなり太めの極太麺になっています。本当に、もはやうどん並の太さですね。

でも黄色っぽくて確かにラーメンの麺であり、うどんとは明らかに違う印象なんですよね。

うどん同様に強い噛みコシがあって、実に力強い麺です。麺だけでもう食べ応えがありますからね。

太麺がたくさんなので、普段同じくらいの盛りのつけ麺を食べるよりも、さらに食べ応えがありました。

スープは和の出汁の味わいを重視した醤油スープながら、うどんの汁とは明らかに違うのは、豚の脂の旨味が強く効いているからでしょう。

豚の旨味と、じんわり濃厚な角のない丸い醤油感が合わさり、優しくも力強い味わいのつけ汁になっています。

具も、つけ汁にメンマや刻みナルトもたっぷり入っていますし、麺の方にも味玉やチャーシュー、ネギ、水菜、海苔などたっぷり乗っています。
チャーシューをつけ汁に沈めて温めると、ホロホロに柔らかくなって実に美味です。

らー麺本舗 店舗情報

食べログ → らー麺本舗

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す