葱次郎@大宮で豚骨魚介つけめん&醤油ラーメン

2015年11月夜、大宮のラーメン屋「葱次郎」に行ってきました。

お店は、大宮駅から徒歩7分ほどの立地です。
駐車場は、無いようです。

入り口入って左手の券売機で食券を買って、カウンターの席につきました。

豚骨魚介つけめん 730円 3.5

おすすめを聞くと、豚骨魚介つけめん、醤油ラーメンだというので、つけ麺にしました。
麺大盛りか野菜がサービスだというので野菜をお願いしたら、先に出てきました。
温野菜(キャベツもやし)にラーメンの醤油だれが掛かっています。美味いねこれ。

そしてやってきた豚骨魚介つけ麺がこちら。
スープがかなり熱くなっていて、下にお皿が敷かれています。
つけ麺でスープが熱々なのは嬉しいなあ。後で冷たくなり難いし。

肝心要のスープですが、微乳化のトロっとした豚骨に節などを合わせたよくあるタイプです。
ただ、味が濃く、塩分濃度と甘さが結構際立つ感じですね。

また醤油感が豚骨や魚介の出汁よりも全面に出て、出汁よりもカエシが主張するスープです。
とっても甘くてしょっぱくで、しかしながらジャンキー感が無いしっかりしたスープです。
なんだろう、出汁感よりも味の濃さが目立つのに、ジャンキーな感じがせずに美味しい。

麺の量は200g弱といったところでしょうか、つけ麺にしては控え目です。
つけ麺らしい太麺で、水でキュッと締められていて、コシがあり良い麺ですよ。
具材は味卵、極太メンマ、海苔です。あと角煮っぽいものがスープの方に入っています。


醤油らーめん 630円 3.5

2015年12月夜、大宮のラーメン屋「葱次郎」に再び行ってきました。
今回は、前回聞いたおすすめのもう一方である醤油ラーメンを注文しました。

澄んだ醤油の清湯スープに味玉、海苔、チャーシュー、太メンマが浮かぶビジュアルですが、
なんといっても表面に散りばめられた黒胡椒が目立ちます。

スープを飲んでもまずペッパーのピリッとした辛さが前面に出ています。
優しい清湯スープですが、角のない醤油ダレながらも塩分濃度は濃く、胡椒の辛さと、焦がし葱油の香ばしい香りで、かなりパンチの有る味に仕上がっています。

澄んだ清湯ながら、ふわっと優しい出汁感を味わうようなスープとは対極にありますね。
オニオンやネギ、ニンニクを香ばしくローストしたチップが入っているのは塩清湯ではよく見ますが、醤油では珍しいですね。しかし個人的には醤油でこそ活きる気がします。

まあとにかく非常に美味しい一杯でした。文句なし!
チャーシューもトロっと柔らかく、メンマも歯ごたえよく良いです。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じさいたま市大宮区の人気記事

コメントを残す