田屋 本店@川越市でラーメン「中華そば」と「煮干そば」

2014年10月19日夜、川越市の外れにあるラーメン屋「田家 本店」行ってきました。

駅から離れた辺鄙な場所にあるので車でのアクセスになりますが、
駐車場は店の前にたくさんあります。

日曜とはいえ17時台でしたので、お客さんは疎らでした。

食券ではなく席について注文するタイプです。

中華そば 750円 3.2

いろいろあるので迷いましたが、今回は一番スタンダートな中華そばを注文しました。
5~10分ほどで着丼です。

澄んだ醤油スープで、表面に若干の油膜が見られます。
実にあっさりとした醤油ラーメンで、鶏とカツオのダシが効いています。

一番印象に残るのはやはり鰹だしで、鶏よりも前面に出てきている感じ。

なんかの味に似ているなあと思ったら、
カツオ昆布ダシの醤油味スープに、具から溶け出た動物系のダシが混ざった、
鶏や鴨肉入りのうどんのお汁だ。

そういえば、これ系のあっさり鳥だし醤油ラーメンに魚介を足したタイプのスープは、
煮干し感を前面に押し出したのばっかりでかつお節は個人的に初めてだなあ。

ひとくち食べた時のインパクトはないけど、最後まで安心して食べられる味ですよね。
尖っていないので老若男女問わず受け入れられそうな味だ。

麺はスタンダートな中太ストレート麺。

具は、はやりの低温調理風の豚と鶏、メンマ、ノリ、ネギです。
豚はわりと火が通っている感じですね。鶏ムネはしっとりとして美味しいです。

メニューです。クリックで拡大します。


2015年3月午後、川越市郊外の田屋に再び行ってきました。

煮干そば(細麺) 750円 3.5

前回は、最も人気で最も基本の中華そばを食べましたので、今回は違うものにしました。
何が二番人気か聞くと、煮干そばがよく出るとのことなので、注文しました。

5分ほどで着丼した煮干しそばは、中華そば同様に澄んだ醤油ラーメンでした。
中華そばと比べると表面に若干油膜っぽいものが見えました。
中華そば同様に、鶏清湯に魚介を合わせてありますが、こちらの魚介出汁は煮干しですね。

煮干しのエグミは殆ど出ていませんが、濃い煮干しの風味がかなり出ています。
結構強く煮干し感が出ているので、煮干し好きも満足できます。
私は美味しかったですが、同行者は煮干し臭すぎて苦手だと言っていました。
キツイほど煮干しが強いわけではありませんが、煮干しが苦手な方には向かないのかな。
煮干しが苦手でなければ、中華そばよりもこちらのほうが旨味が強く美味しいと思います。

具材は中華そばとほとんど同じですが、こちらには三つ葉がのっていました。

ちゃーしゅー飯 230円 3.3

こちらはサイドメニューの、ちゃーしゅー飯です。230円ですが、ご飯の盛りはなかなかです。
上に乗っているチャーシューは多いわけではありませんが、230円にしてはなかなかでしょう。
味も香ばしい甘辛しょうゆ味で、非常においしかったですね。

ラーメンが美味しくてもサイドメニューのチャーシュー丼がまずい店も多いですが、
こちらのちゃーしゅー飯は、230円にしてはかなり美味しいのではないでしょうか。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す