もめん@富士見市(みずほ台)で白河ラーメン

2017年8月夕方、埼玉県富士見市(みずほ台)のラーメン屋「もめん」に行ってきました。

お店は、みずほ台駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店とは道路を挟んだ向かい側にある駐車場の中にありました。

雲呑麺 800円 3.5

中華そば750円が基本となりますが、50円違いでワンタン麺になるのであれば決まりでしょう!
出てきたラーメンは白河ラーメンらしい澄んだあっさりスープの醤油ラーメンでした。
鶏清湯に醤油ダレのまさに中華そばといったラーメンなのですが、とにかく優しい味をしています。白河ラーメンは元々鶏豚の清湯でアッサリのラーメンですが、もめんのスープはその極みでしょう。

濃い味のラーメンに慣れた人ならお湯を飲んでいるように感じるかもしれません。出汁も優しくサッパリですが、何よりも塩分濃度が極めて控えめで、美味しいというレベルのボーダーライン上にあります。これ以上塩分濃度が低いと、美味しくないという領域にいってしまいそうなギリギリを攻めています。
清湯とはいえ、これだけ上品な味のスープは滅多にお目にかかれませんよ。
こんな薄味なのに、しっかり美味いラーメンとして成立しているのが凄い。

麺は縮れた、中太麺よりも気持ち太めの麺で、何か物凄くもっちりしています。
何というか緩そうでありながらしっかりコシがあるというか、とにかくモチモチ感が半端ない麺です。この麺が美味かった。普通ラーメンを食べる時はスープが主役でスープへの注目が9割、麺1割位で見ていますが、このラーメンは麺が本当に素晴らしかった。

スープが超優しい味だからこそ麺が目立ったのかもしれませんが、とにかくこのモッチリ感が心地よかった。普段優しいスープだと麺を食べるには力が足りないかと考えて麺は早々に食べてしまってスープを楽しみますが、これは麺も素直にうまかった。

具も豪華で、白河ラーメンらしい赤身主体のチャーシュー、ナルト、ほうれん草、メンマ、ネギ、海苔と彩り豊かです。
そして主役の雲呑ですが、ワンタンというより水餃子と言えそうなたっぷりと餡が詰まった大ぶりのでっぷりしたボディ!こいつが5個ですから満足感あります。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県富士見市の人気記事

コメントを残す