安田屋@秩父郡小鹿野町でタレカツ丼「わらじカツ丼」

2017年8月夕方、埼玉県秩父郡小鹿野町のカツ丼屋「安田屋」に行ってきました。

お店は、鉄道駅から遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の横にあります。また付近に町営の無料駐車場が多数あります。

わらじカツ丼 850円 3.5

1枚丼が750円、わらじカツ丼(2枚)が850円、3枚丼が1200円ということで、どう考えてもわらじカツ丼が一番コスパが良いのです。
お店側も2枚のわらじカツ丼を頼むのが前提のようで、1つでいいですかと注文を聞かれました。
お弁当でテイクアウトの人も結構いましたが、2枚以外を注文している人はいませんでした。

ということで2枚のわらじカツ丼を注文をして5~10分後、ついに登場です。
蓋が閉まりきらないくらいにデカいカツがはみ出していますね。漬物も付きます。

蓋をオープンすると子供のわらじ大の大きな薄いカツがお目見えします。
丼ぶりは牛丼屋の大盛くらいの大きさに見えますが、底に向かうに連れて窄んでいて、ご飯の量は牛丼並くらいです。それでも大きなカツが2枚乗っているのでボリュームは十二分!
1枚で丼ぶりが埋まってしまうくらいの面積がありますから圧巻です。

この通り2枚がどっかり乗っているのでボリューム満点です。
タレに潜らせているはずですが、しっかりカリカリしていて、最後の一口まで衣がクチャっとすることがありませんでした。
衣はカツレツのように細かいのかなと思いましたが、よく見ると粗めのものも混じっています。

味付けはタレカツ丼の甘辛の醤油ダレで、結構濃い目の味付けですね。
ただベタベタしすぎずに最後までクドくなく食べ切れました。

わらじ大の大きさにするために厚みは抑えられていて、6,7ミリくらいのお肉でしょうか?
それでもそれほど薄さを感じず、チープな感じが微塵もありませんでした。
変に厚くて噛みごたえが有るよりもタレカツ丼はこのくらいの厚みがいいなと感じたほどです。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県の人気記事

コメントを残す