むさしや@川越市で十割蕎麦&川越芋の天ぷら

2018年2月午後、埼玉県川越市の蕎麦屋「むさしや」に行ってきました。

お店は、鉄道駅からは大きく離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

十割蕎麦 864円 3.8

せいろ637円もありましたが、せっかくなら十割蕎麦でしょう。
値段も際立って高くないですが、盛りはなかなかのものです。
一般的な盛り蕎麦よりは気持ち多めで満足感あります。

辛汁はカツオ出汁感もガツンと来るものですが、カエシの塩辛さも結構しっかりしています。
全体的にかなり主張する強い味ですね。はじめ少し甘みも入っている気がしましたが、後半改めて飲んでみると割とスッキリした醤油のキリッとした辛口めでした。

薬味は、山葵、ネギ、すりごまと必要十分です。

さて肝心の蕎麦ですが正直それほど期待していませんでした。実は呉汁があるというのでそちら目当て出来たのですが、なんとなく蕎麦を頼んでしまったのです。

しかし、これが驚きの旨さで、まず何と言ってもしっかりした蕎麦の風味があります。
食感や舌触り喉越しなどいくら素晴らしい蕎麦でも、香りが弱いとうーんというイメージを持ちますが、風味が濃い蕎麦だとそれだけで感心してしまいます。

蕎麦のコシは最大級にもっちり寄りで、コリッとした硬いタイプの対極にあります。
しかし、柔いわけではなく、最後の最後でしっかりした弾力を感じます。

星の見える気持ち粗めな感じの挽きで蕎麦らしく、また全体的に瑞々しい感じの舌触りで良いですね。
ただ、天麩羅を食べていたら後半結構乾いてきて、コシも緩くなってしまった。どこの店でもそうだけど、蕎麦と天麩羅という劣化の早いものを同時に出されると食べる順番に困る。

最後に蕎麦湯も出てきます。トロっと白濁した濃厚な、蕎麦粉を加えたようなタイプですね。
飲みごたえがあります!

川越芋と自家製かぼちゃの天ぷら 421円 4.0

天せいろにしなかったのは、別途この旬の天麩羅を付けるためだったのだ。
川越といえば芋が有名ですが、個人的には芋の天ぷらなんてそれほど好きじゃないんです。
ただ、何かに導かれるように注文したこれが大正解で超絶美味かった!

厚切りのサツマイモとカボチャの天麩羅が2つずつですが、芋のほうがやばかったね。カボチャも凄い厚切りの割に柔らかでしっとりしていて素晴らしいんだけど、芋がすごすぎて霞んだ。

真ん中から割った図なんですが、分かりますかこのトロッとした瑞々しい舌触りが。
サツマイモのパサパサの食感とはまるで異なる、クリームのようなトロッとした舌触り。
ラ・イモンチのカスタードみたいな焼き芋を思い出しました。
しかもその甘さと風味の凄いこと。濃い芋の風味と砂糖で煮たのではと思うほどの甘さがガツンときます。

衣も薄めでシャクッと上品に仕上がっていて良い感じです!
1点だけ要望があるとすれば、予めかかっている塩が多すぎて払って食べたくらいでしょうか。
文句のないカボチャとサツマイモの天麩羅でした。本来天ぷら盛り合わせの中でもいらない子あつかいの2ネタですが、これに関しては完全に主役にふさわしいものでした。

タグ: ,

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す