蒙麺 火の豚@久喜市(幸手駅)で二郎系と中本のフュージョンラーメン

2018年8月夜、埼玉県久喜市のラーメン屋「蒙麺 火の豚」に行ってきました。

お店は、幸手駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

入口入って右手の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。
閉店間近でしたがかなり席が埋まっていて人気店のようです。

フュージョン 800円 3.4

基本的に二郎インスパイアのお店のようで、普通のラーメンで野菜マシでもいいかなと思いましたが、どうもフュージョンというのがイチオシらしい。
二郎系の豚出汁醤油スープに太麺、そして山盛りの野菜というスタイルですが、そこに激辛マーボーがかかっているのは蒙古タンメン中本を思い起こさせます。なるほど二郎と中本というラーメン界の二大ブランドの融合でフュージョンというわけか。

まずは激辛マーボーを避けて、普通のスープの部分からいただきましたが、これまた普通の二郎系ではないな。水面がかなりでろっとしていて、最初スープがないのかと思いました。粘度が高いとかではなく、なんか煮詰めて濃度が濃くなったような印象のスープです。豚感と醤油感を煮詰めて凝縮したような味わいのスープで非常に独特でした。

そして激辛マーボーですが、これは中本のものと極めて近く片栗粉で派手にトロみをつけてあり、味噌感が薄くラー油や一味っぽい辛さのサッパリ味です。所々片栗粉が激しいだまになっていて、もう少し丁寧な仕事が求められます。

スープが煮詰まったような独特の味わいで、ここに激辛マーボーが入るとさらにカオスな味わいになります。なんとも非常にジャンキーな味わいですが、二郎系のラーメンにはこのくらいのジャンク感が良いのかもしれません。

麺は縮れ気味の太麺で、まさに二郎インスパイアと追う感じの食べごたえのある麺です。

具はチャーシューと山盛りの野菜です。
チャーシューはホロッと柔らかに仕上がっていて美味かったですね。

野菜はもちろん増しにも出来ますが、はじめての店なのでチョイ増しにしておきました。
最初小盛りに見えたので、ありゃ少なかったかなと思いましたが、隠れている部分にも野菜がゴッソリ入っていて十二分な量でした。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県の人気記事

コメントを残す