中華そば 蜩@新河岸で「濃厚つけ麺」

2015年1月夜、川越市の新河岸駅近くの「中華そば – 蜩」に行ってきました。

お店は新河岸駅から徒歩4,5分の立地です。。
駐車場は無いようですので、近くのコインパーキングに停めました。

店内は厨房をL字カウンターが囲みます。
入口右手の券売機で食券を購入して、席につきました。

濃厚つけ麺 大 780円 3.3

今回は濃厚つけ麺の大にしました。並と大が値段が同じなので大を選びました。

麺量は300g強といったところでしょうか。十分な麺量です。
実につけ麺らしい、冷水で締められコシがある、ツルッとした太麺です。

具は麺の方に盛られているタイプですね。
柔らかいトロトロのバラチャーシュー、茹でキャベツ、メンマ、ナルトです。

さて肝心のつけ汁ですが、ひと目で目につくのは表面に浮かんだ揚げ玉ですね。
つけ麺に揚げ玉とは珍しい。

つけ麺としては最もオースドックスな、動物魚介スープですね。
多分、豚骨ベースにカツオ節系メインでしょうか。

豚骨の方は若干乳化していて軽くトロッとしていますが、トロトロではないです。
どちらかと言うとシャバシャバに近い方の軽いスープです。

とはいえ、魚介系の旨味もよく出ていて、しっかりとしたつけ麺の味です。
ただ、あまりにもよくある系統の味で、これといった特徴が無いですね。
この王道つけ麺の味でありながら、ドロドロしていなくてしつこくないのが売りでしょうか。

個人的には、この王道の豚骨カツオのつけ汁は、もう少しドロっとしている方が好みです。

メニューです。クリックで拡大します。


2019年3月夜、川越市 新河岸の「中華そば – 蜩」へ久々に行ってきました。

魚介塩つけ麺 大 780円 3.5

前回は一番オーソドックスな濃厚つけ麺でしたので、今回は魚介塩つけ麺にしてみました。

前回が随分前なのでどんな味かすっかり忘れましたが、今回の魚介塩もダブルスープな感じですね。動物系に魚介系を合わせてあります。豚骨+節系みたいな感じです。
節の粒子で茶色くなっているので一見醤油ダレに見えますが、味わいは確かに塩ダレの風味ですね。どことなく塩ラーメン感を感じます。

それほど期待していなかったのですが、なんか予想より美味かった。全体の味のバランスが良いというか、塩ダレ系で味にしっかり力があるのは良いですね。やや塩分強いけどね。

そして相変わらず揚げ玉がプカプカ大漁に浮いているのが特徴です。
ゆず皮も入っていて色々と風味豊かですね。

麺は260グラムの普通と360グラムの大が同じ値段なので大にしました。
普通かやや細めくらいの太麺で、しっかりコシがあり力強い麺で、つけ麺の麺として文句なしです。

具材はつけ汁の方に刻まれたチャーシュ、麺の上にメンマ、ナルト、茹でキャベツ、とろろ昆布です。
とろろ昆布が特徴的ですね。つけ汁に投入すると昆布の旨味と塩気がプラスされて更に味が増します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す