ブーランジェ リュネット@新河岸でパンを買いました

2019年10月夕方、埼玉県川越市のパン屋「ブーランジェ リュネット」に行ってきました。

お店は、新河岸駅から徒歩9分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

塩バターパン 140円 3.6

おなじみの塩バターロールです。
外側はややハードめに仕上がったロールパンという感じで、内側もしっかり詰まっているむっちり感がありながら、しっとり柔らかです。

全体的に塩気がガツっと来る感じではありませんが、なかなか濃いバターの風味があり、そこにじんわりと塩気が伴う感じです。

底がカリッと仕上がっているタイプではないので食感のインパクトはありませんが、全体的にハイレベルな仕上がりを感じました。

アンチョビとオリーブのリュスティック 270円 3.8

三日月型のややハードなパンにアンチョビと丸ごとの塩漬けブラックオリーブが入っています。

バゲットほどハードではない、柔らかめにハードなフランスパンという感じで、表面がややハードに仕上がっているものの、中はもっちりした弾力のある生地です。
この生地の食感良いですね!

味わいとしても、しっかり塩気の効いたアンチョビが適量散らされていて、美味いです。満遍なくアンチョビ感があるのではなく、所々アクセントのようにアンチョビが来るのが良いですね。

丸ごと入っている塩漬けブラックオリーブも、何とも程よい塩加減で、これまた味が良いんだわ。

チェダーチーズのカンパーニュ 292円 3.5

チーズinのバゲットによくある形状で、カンパーニュというよりブールという感じ。
表面はかなり派手にハードに仕上がっており、バゲットみたいですね。

一方内側はしっとりしていて、むっちりと詰まっている感のある生地です。
これはトーストしなくてもそのままでもとても美味い生地ですね。
少しライ麦が入ったかのようにブラン感もあり、ほんのり黒みを帯びていて、ほんのりした酸味もあります。あくまで極めてほんのりで、全く不快感なく食べやすいです。

中にはしっかりチェダーチーズが詰まっていて、こちらも旨味が濃いものの、ツーンとしたクセがなく、塩加減も素晴らしい、洗練されたチェダーチーズです。

後半はトースターで焼いてからいただきましたが、チーズも柔らかくなりまた味わいが変わる。
生地も厚みがあるので、中がものすごくしっとりふんわりに仕上がって異次元!

いちじくとナッツのライ麦パン 346円 3.5

黒イチジクとクルミが入った、あまりに定番のハード系パンです。
ナッツというだけあって、他にアーモンドも入っていますね。

生地はハード系ですが、トーストしなくても美味しくいただけるくらいにはしっとりです。
しっかり詰まっている感ががあり、むっちりですね。

ライ麦とはいうものの、ほんのり黒いくらいでライ麦比率低めですね。
チェダーチーズのカンパーニュと同じくらいか、むしろむこうの方がライ麦感を感じたかも。

ナッツ類といちじくもしっかり入っていて豪華です。
この組み合わせは味わいといい食感といい王道中の王道で文句なし。

後半はトースターで焼いてからいただきましたが、やはりハード系のパンは焼いたほうが格段に美味いですね。周りパリッと中しっとりふんわりに仕上がり素晴らしい。
いちじくの甘みやナッツの香ばしさも増します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す