麺処 かつ善@川越市で「つけそば」

2019年9月夜、埼玉県川越市のラーメン屋「麺処 かつ善」に行ってきました。
以前は同じ場所同じ建物でトンカツ屋でしたが、同じ屋号でラーメン屋になりました。

お店は、駅からは遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

つけそば 中 800円 3.5

色々ラーメンがありましたが、券売機一番上のつけそばにしました。

麺は並盛と中盛が同じ値段だというので中盛にしてもらいましたが、これ400グラムくらいありそうですね。最近は並で200グラム、中で300g位の店が続いていたので、なんとなく中にしましたが結構多かったです。

スープは鶏豚の乳化スープに、煮干し、鯖、ソウダガツオを合わせているのだとか。
一見よくあるダブルスープのつけ汁に見えますが、麺をつけて食べると割と粘度低いような印象。

各素材がマイルドに混ざり合っていて尖っているところがない動物魚介スープで、円やかな味わいなのですが、それ以上に爽やかな柑橘系の香りが目立ちますね。
結構柚子皮が浮いているので、最初これかなと思いましたが、どう考えてもそれ以上に爽やかな酸味を感じます。前に他店で食べた柚子つけ麺のような印象を感じました。

後でスープを単体で飲んでもそれほど柑橘感がなかったので何とも不思議。
というか汁だけで飲んだら、何気に結構しっかり乳化したトロッとした濃厚スープでした。
なんか全体的に麺をつけて食べたときと印象が違うな。

麺は、つけ麺らしい太麺で、非常にたっぷりです。多加水のツルツル麺で、冷水で締められコシも良い。なんか薄いというか比較的透き通ったような色味で、星も見えます。

具は、レアチャー気味の鶏豚が1枚ずつと、メンマ、水菜、糸辛子です。味玉はサービスなんだとか。あと、つけ汁の方にもチャーシューの欠片が入っています。

最後にスープ割りにしてもらいましたが、これまた味わいがかなり変わる感じですね。
動物か魚介か分からない謎の出汁(煮干し?)が加わり、ほんの僅かな臭みのある旨味が加わる感じで、なんかまた全然違った旨味で良い!
ネギも散らされレンジでしっかり温められて熱々で出てくるのが良いですね。


以下、以前のトンカツ屋の訪問時です。
2014年11月昼、川越市郊外にある「かつ善」にトンカツを食べに行ってきました。

霞ヶ関駅から1.6キロと車でのアクセスが必須の立地ですが、お店に隣接して駐車場があります。

店内はテーブル席に加えてカウンター席もあります。

ランチメニュー ロースかつ定食 1188円 3.3

今回は、ランチメニューからロースかつ定食を注文しました。
10~15分ほど待って、ロースカツ定食が登場!
なかなか重厚な焼き物の食器に入って出てきました。

ご飯、味噌汁、漬物、ポテトサラダがついていました。
味噌汁が煮干昆布の出汁がよくでていて美味しかったです。

さて、肝心のトンカツですが、大きさは十分ですが、ランチだけあってお肉は薄めです。
写真は端の一番薄い部分ですので、実際にはもう少し厚いですが、普通よりは薄めです。

ランチメニューの値段ですので仕方ない気もしますが、
同じような値段でもっと厚いお店はいくらでもあるので、コスパ的にはいまひとつです。

こちらのお店は、夜のメニューも見ると、お値段が高めですね。
夜のお値段から考えると、ランチの値段では薄めになってしまうのかもしれません。

味は、お肉も柔らかく、パサつきもなく、十分美味しいです。
衣も上品にサックリ仕上がっていて、素晴らしいです。

ただ、やはりランチにしては少々値がはりますね。

最後にコーヒーも出るようですが、なかなか出てこないので会計して帰りました。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す