手打ち 藤うどん@東坂戸でメンチ定食セット

2019年12月夜、埼玉県坂戸市の「手打ち 藤うどん」に行ってきました。

お店は、鶴ヶ島駅からは遠く離れた立地のため車でのアクセスになります。
駐車場は、お店の前にあります。

メンチ定食セット 1080円 3.6

うどん屋ですが、定食ものも充実しています。定食系はセットとしてうどんが付けられます。

メンチ定食に冷たいうどんを付けたセットにしました。
冬だけと、うどん蕎麦は冷たいほうが美味いでしょう。

でかいメンチ2つに、盛りの良いご飯、ミニうどんと呼ぶには立派すぎるうどん、小鉢、漬物で相当ボリューミーな定食です。

メンチはしっかりしたサイズのものが2つで、うどんなしでも十分な定食です。
とんかつ屋のような割と粗めのパン粉でサクッと揚がっていて、本格的です。

何か特別尖った所のあるメンチではないのですが、衣良し、中のお肉もしっかりしていて、本当に良いメンチ定食という感じですよ。

いや、本当に、とんかつ専門店でもおかしくないクオリティですよ。

そして、肝心のうどんですが、いや想像以上にハイクオリティでした。
まあ今回はメンチがメインの定食なのでオマケ的な立ち位置ですが、本来うどん屋ですからね。ある意味うまいのは当たり前です。

でも、普通に美味いくらいじゃなくて、うどんだけ出てきてもああこの店美味いわというレベルですからね。

噛みコシを重視した、非常に硬めに仕上がった、ワイルドな武蔵野うどんです。
冷たいうどんにしたのも功を奏したのですが、本当に硬いコシが素晴らしいですね。

汁もなんだか美味いんですよ。関東風の濃いおつゆなのですが、どことなく関西スタイルの上品な汁っぽい雰囲気を感じるのです。変にカエシが強すぎず、お上品な味わいなのです。

ちょろっと山菜が入っているのも楽しい。


2020年1月昼、東坂戸の「手打ち 藤うどん」にまた行ってきました。

アジフライ定食セット 1050円 3.4

今回はアジフライ定食のうどんセットにしました。
定食内容は前回と同じで、メンチがアジフライになったものですね。

ただ、今回はうどんを温かいものにしました。
気のせいか、うどんが前回の温かいものよりも平打ち気味でチュルっとした食感だった気がします。

単純に温かいから、冷たいものよりコシが弱い感じだったのかも知れませんが、なんかうどんの感じも違う気がしました。

これはこれで温かいものは温かいうどんの良さが存分に味わえますが、やはり比べるとうどんは冷たいほうが圧倒的に良いかな。

アジフライはそこそこの目方のものが2尾です。
厚みはかなり厚いですが、衣が厚めな感じです。身もそこそこ厚いですが。

衣はしっかりカリッと、アジの身は結構柔らかふっくらで、良いアジフライです。
ただ、なんかあまり熱々ではなかったかも。

そういえば、今回ご飯もぬるい感じで、ややコワッとしていて、イマイチでした。


2020年2月夜、東坂戸の「手打ち 藤うどん」にまた行ってきました。

とんかつ定食セット 1350円 3.4

今回はトンカツ定食です。もちろん、うどん付きのセットです。

冷たい方のうどんにしましたが、なんか前回の温かいうどんに近い印象を受けました。
やや平打ちぎみで、やや緩やかなコシという感じで、初めての時と印象が異なります。
間違いなく美味いは美味いのですが、どうも最初の時のインパクトはない感じかな。

汁は、相変わらず上品な鰹出汁で、上質な味わいです。

とんかつは、一般的なロースカツという感じで、特別感はありませんが問題なく美味いです。
肉はそんなに厚くありませんが、150グラムくらいだと思われ十分な量です。

ものすごい上質な肉質という感じではありませんが、必要十分な旨さです。
肉らしい噛みごたえはありますが、しっかり楽に噛み切れます。

中心までガッツリ熱が入っている仕上がりですが、全然パサツキがなく、むっちりした噛みごたえで脂身が程よく挿します。

衣は粗めのパン粉でサクッとややハードめに揚がっていて、良い感じですね。


2020年3月夜、東坂戸の「手打ち 藤うどん」にまた行ってきました。

天重セット 1430円 3.3

今回は天重セットにしました。天重にうどんとはいえさすがに少し高めですね。

内容的には天重に、ミニうどん、サラダ、漬物と十分で、全部食べたらかなり満腹です。
ただ、一番最初に食べたメンチ定食セットが一番コスパ良かったかな。
うどんの定食でこのくらいすると、コスパ食堂的なイメージからはやや離れます。

今回も冷たいうどんにしましたが、前回と同じ感じでした。
これもどうも一番最初の時のうどんが一番美味かった気がする。

そこそこ大ぶりなエビ2尾、イカ、舞茸、茄子、ピーマンといった内容の天ぷらが乗っていて、十二分なボリュームです。

天つゆにガッツリ潜らせてあるので、衣は基本ソフトですが、所々サクッと感の片鱗が残っているのが良い感じです。

天丼としてのクオリティは並で特筆するような点はありませんが、ボリュームも有りなかなか良いです。

ただ、やはりフライ系の定食のほうが満足度が高いかな。


2020年3月夜、東坂戸の「手打ち 藤うどん」にまた行ってきました。

野菜天せいろ 850円 3.7

今回は野菜天せいろにしました。何気にうどんメインのメニューは初めて。
セットの冷たいうどんでも十分にその素晴らしさが窺えますが、果たしてどうでしょう?

量としては茹で後400グラムくらいかなという感じで、十分ですね。
天婦羅も十分なボリュームです。

ただ、天つゆや塩が無く、うどんの汁と共有なのはいただけない。
まあ、蕎麦じゃないので味にそれほど大きな影響はありませんでしたが。

キラキラしていて美しいですね。うどんは汁に浸かっていないものが一番美しい。

そしてコシも汁に浸かっていないものが一番良く感じることができます。
素晴らしいコシですよ。やや平打ち気味に細いスパンで切られた麺ですが、なんでこんなにコシがあるんだという感じの硬さです。

伸びコシも兼ね備えた讃岐うどんとはまた違った、固めの噛みコシ重視のセッティング!
まさに武蔵野うどんという感じの見事なコシです。いや良いうどんですよこれは。

汁は実にオーソドックスな、ほんのりと甘みも入った濃い関東風の醤油味です。
薬味は、万能ねぎ、すりごま、ショウガと十分ですね。

天婦羅は、茄子、大葉、ニンジン、ピーマン、イモ、かき揚げです。値段考えると立派ですね。

衣は特別薄いわけではなく、ややハードめなバリッとしたもので、特別感があるものではありませんが、揚げたてで熱々でしっかりしたものです。

ナスは特別ふっくらジューシーではありませんが、ニンジンも瑞々しく甘くて、イモもパサつきなく良い感じでした。全部美味かった!

手打ち藤うどん 店舗情報

食べログ → 手打ち藤うどん

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県坂戸市の人気記事

コメントを残す