六厘舎系ラーメン屋 次念序@鴻巣市で「つけめん」

2015年2月午後、埼玉県鴻巣市のラーメン屋「次念序」に行ってきました。

お店は、鴻巣駅から徒歩10分程度の立地です。
お店の両サイドに駐車場が用意されています。

以前は後払いだった記憶がありますが、
店内の券売機で食券を購入する方式になっていました。

店内は厨房を囲むL字カウンター席と、テーブル席があります。

つけめん 750円 3.6

今回は、一番基本のノーマルのつけ麺を注文しました。
10~15分ほどで着丼です。

スープはトロッとした乳化した動物系スープに魚粉がかかった、典型的なつけ麺です。
鶏豚を乳化させたとろっとしたスープに合わせてあるのは鯖節ですね。
鰹節系を効かせたスープよりも、ツーンのしないマイルドな魚介系の風味でいいですね。
乳化動物スープに鯖が効いているので、県内の有名店狼煙頑者と似た系統の味です。
人気店の味も似たような系統に治まってくるんでしょうね。

具は、チャーシュー、角煮、メンマ、ネギ、ナルトがスープに沈んでいます。
チャーシューはそこまでうまくないですが、角煮?は軟らかくて美味いです。

麺は標準で300グラムです。大盛450グラムは+100円、特盛600グラムは+200円です。
つけ麺としてもけっこうな太麺で、中心に微妙に芯が残るくらい固茹でです。
したがって、ごわっとしていて、かなり食べごたえがありますね。
水できゅっと締められた、茶色味ががった太麺は、コリッとしていて実に美味い。

最後にスープ割りをお願いするとゆずを入れるか聞かれましたので、入れてもらいました。
スープ割りは、煮干のエグミまで出たシャバシャバ魚介スープでした。
入れてもらうとかなり味の系統が変わりますね。柚子の香りもいい感じです。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。クリックで拡大します。


坦々つけめん 850円 3.6

2019年8月午後の訪問。今回は坦々つけ麺にしてみました。
前回来たのは随分前ですが、普通のつけ麺はその前にも何度も食べているので、今回は坦々つけ麺にしてみました。

通常の盛りで麺300グラム、濃厚なつけ汁が付くオーソドックスなスタイルのつけ麺です。
全体的にベッタリと重めのつけ汁で、アンシンメトリーにラー油も見られる正に坦々と言う感じのビジュアルです。

正に担々麺という感じですね。それも特濃のです。
擦り潰して練ったネットリ特濃のゴマペーストを贅沢に使っているので、もう粘度が凄いです。

味も本当に濃厚で、最上級にヤバい担々麺のスープみたいな感じですね。元々濃厚なダブルスープのつけ汁なのに、そこに特濃胡麻ペーストですから、ネットリ特濃です。ゴマだけでなくナッツとか入っていてもおかしくないくらいのネットリ濃厚仕様です。

味的には担々麺そのもので、特に驚きはないですが本当によく出来た洗練された良い担々麺!

しかし、あまりに坦々成分強めで、出汁感がまるで感じられません。
良く言えばそれほどゴマなど坦々成分が濃厚で前面に出ているのですが、一方出汁感が完全に影に隠れてしまっているので、初めての人は普通のつけ麺にしたほうが良いでしょう。

麺はノーマルで300グラムですが、下手したら300超あるんじゃないかという大ボリューム!

つけ麺の麺としてもかなり太めの部類に入る極太麺が、気持ち柔らかめに仕上がっています。
いや、全然柔らかではなくしっかりコシがあるのですが、冷水でキュッと締められて硬めに仕上がっているようなコシとはまた異なり、ややしっかり茹でたものの極太故にコシを保っているような印象でした。

いろいろな状態の麺があるからこそ個性が面白いのであり、こういった食感も良いなという感じでしたね。

ちなみに具は、メンマやナルトや海苔やほうれん草などがつけ汁に入っていました。
チャーシューが入っていないなと思ったら、坦々はひき肉が入っているのね。でも個人的にはチャーシューのが嬉しいなあ。

最後にスープ割りをお願いしましたが、柚子も香って、濃厚な坦々の味わいとはまた一味違った感じで楽しめました。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県鴻巣市の人気記事

コメントを残す