いちのや@川越市で老舗の鰻「うな重(菊)」

2014年6月夜、川越の老舗の鰻屋「いちのや」に行ってきました。

お店は、本川越駅から徒歩10分ほどの立地です。
駐車場は、お店に隣接して大きなものがあります。

うな重(菊) 3910円 3.1

うな丼2160円は半尾、うな重(松)3078円は4分の3尾、そしてうな重(菊)3910円は1尾分だそう。
グレードの差は、量の違いであり鰻の質は同じだそうです。
せっかくなので、うな重(菊)を注文しました。お重は標準的な大きさです。

蓋を開けてみると、たしかに1尾分の鰻がのっていますが、相当小ぶりです。
上の写真で見ると十分に見えますが、実物は写真で見るよりもかなり小さめに感じました。
ご飯の量も少なめですが、何よりうなぎが小さい薄い。1尾分とは思えない少なさです。
一瞬、穴子みたいだなと思ったほどです。

しかし、味は良いです。
中国産うなぎのような無理に太らせたようなブヨッとした感触がまったくない。
脂はまあのっていますが、アナゴのようなすっきりした身で、
やわらかく、中国産のようなブヨブヨ感がまったくない。
養殖ウナギの中でも天然うなぎ寄りの、トロトロに脂が乗ったわけではない上品な身です。

焼きは関東風で表面はかりっとしていないタイプですが、特段ふっくら蒸したタイプでもない、
いわゆる標準的な関東風の焼きのうなぎ。

身は小さいものの、本当に無理に太らせた感がなく、上品な身で美味しかった。
でもやはり値段からして身が薄すぎるなあ、4000円近く出してこのボリュームは厳しい。

うな丼 2160円 3.0

こちらは同行者が注文したうな丼です。ご飯の量はむしろうな重(菊)よりあるくらいですね。
うなぎは半尾分ですが、うな重(菊)の半分より大目だった気がします。
まあいずれにしても、値段から考えるとかなりボリュームがないです。
写真で見るとそこそこ厚みがあるように見えますが、本当に薄いんです。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

メニューです。 クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す