藤店うどん 本店@西大宮で「ぶっかけうどん」

2017年6月夜、西大宮の「藤店うどん 本店」に行ってきました。

お店は、西大宮駅から徒歩25分ほどの立地です。
駐車場は、お店の前にあります。

ぶかっけうどん 並 830円 3.4

以前行った藤店うどん川越店と同じメニュー構成でした。
川越店では人気の肉汁うどんを食べたので、今回は別のものを注文することに。
武蔵野うどんといえばヒヤアツのイメージがあるので肉汁と並ぶキノコ汁にしようかと思いましたが、暑かったのでヒヤヒヤのぶっかけにしました。

うどんの量は並と大がありましたが、まあ並でいいでしょう。川越店同様に茹で前で350グラムくらいでしょうね。茹で後のつけ麺換算で250g弱くらいかな。十分な量です。
上には海老天、かぼちゃ天、ナス天が乗り、刻み海苔、カイワレがトッピングされています。
天ぷら類は特筆すべきものではありませんが、衣も厚すぎずサクっと仕上がっていて、油切れも良く熱々で美味いですよ。

徳利から汁をぶっかけていただきます。汁は、鰹節昆布いりこなんかの出汁の関東風の醤油味ですが、ぶっかけなので辛汁のように濃くはなく比較的薄味です。
醤油感も出汁感もかなり薄めで優しい味ですね。うどんを味わうには十分です!

肝心のうどんですが、武蔵野うどんらしく太くゴワゴワとした固めのコシがあるうどんです。
上品な伸びコシの讃岐うどんと違って、ハードな噛みコシで小麦を食っている感じがあります。

川越店で食べた時は武蔵野うどんの中でもさらにトップクラスの固い仕上がりで、若干コリコリするほどで特徴的でしたが、こちらはそこまで行かずに普通の武蔵野うどんという感じです。
ということで間違いなく美味いは美味いんですが、川越店で食べた時のような圧倒的な個性が感じられないのです。

また、肉汁はネギと豚肉がたっぷりで非常にインパクトがあったのですが、ぶっかけはどこにでもある感じなので、やはり個性が際立ちません。やっぱり藤店うどんは肉汁うどんを頼むのが正解なのかな。

藤店うどん 店舗情報

食べログ → 藤店うどん

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県の人気記事

コメントを残す