アンダーグラウンドラーメン@本川越で「中華そば」

2018年3月午後、埼玉県川越市の「アンダーグラウンドラーメン」に行ってきました。
以前は川越の中心街から外れた住宅街の中にありましたが、一昨年閉店してしまい、昨年こちらの川越中心街に移ってきたようです。

お店は、本川越駅から徒歩11分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って右手の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

中華そば 830円 3.3

以前は結構な種類のメニューが有りましたが、中華そば&もりそばの2択になっていました。
まずは基本の中華そばでしょう。
830円とノーマルのラーメンとしては高額ですが、トッピングはドノーマルのラーメンという感じで簡単です。トッピング豪華な特製は1130円もするのでかなり高価なラーメンです。

サイボクゴールデンポーク、比内地鶏や名古屋コーチンなどの鶏、アゴ、煮干し、鰹節、鯖節などで取った澄んだ清湯スープに、川越松本醤油商店はつかり醤油のカエシを合わせてあるそう。

スープを飲むとアッサリ系の済んだスープにしてはかなりしっかり味があるスープですね。
鶏と豚の出汁がしっかり感じられます。そしてそれ以上に強いのがカエシです。しっかり角のある醤油感が強く出ている感じですね。優しく香り付けに醤油を使ってあるようなラーメンとは対極の、ガッツリ醤油感が全面に出た醤油味のスープです。

昆布カツオ節などの和の出汁に強い醤油を合わせてあり、そこに動物系の旨味も入っているので、鴨汁うどんの汁みたいな感じの味わいです。ラーメンというよりもうどんの汁を思い出すような系統の味わいとカエシの強さです。
シャバシャバスープながら非常に味の濃い一杯で、ツーンとする醤油感もガッツリ来る感じで、個人的にはあまり好きな系統ではありませんでした。まあ普通に美味いですがね。

麺は、星も散らばった中細ストレート麺で、少し固めに仕上がっていてシャバい中華そばスープによく合います。

具はイベリコ豚のバラチャーシュー、穂先メンマ、青ネギと実にシンプル。
チャーシューは炙り風なのか若干香ばしさを感じ、柔らかで美味いですが、少し脂身の比率が高いかなあ。穂先メンマは柔らかで美味いですね!
ただ、やはり具材のシンプルさを考えると少し高めな気もします。

詳しい店舗情報は食べログでお調べください。

アンダーグラウンド ラーメンラーメン / 本川越駅川越市駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


以下、移転前の情報です。
2015年1月夜、川越のUNDER GROUND RAMENに行ってきました。

お店は西川越駅から徒歩10~15分ほどの川越の外れの住宅街の中です。
駐車場は、お店に隣接して数台分あります。

店内は厨房を囲むL字カウンターのみでした。
食券を購入してから席につきます。

限定の濃厚魚介豚骨つけ麺(辛み付き) 830円 3.7

メニューは、ラーメンとつけ麺があり、和風系の「ラーメン」と「もりそば」、
豚骨系の「ガンジャラーメン」と「つけガンジャ」があります。
どれにしようか迷いましたが、限定の濃厚魚介豚骨つけ麺(辛み付き)というのがあったので、
そちらにしてみました。券売機に限定840円と書かれている券を購入しました。
レアチャーシューと普通のバラチャーシューが選べるので、レアチャーにしました。

10分ほどで出てきたつけ麺はドロッとした濃厚そうな豚骨魚介スープのつけ麺でした。
とろっと乳化した豚骨スープに、節や煮干しなどの魚介系が合わせてある、
オーソドックスなスタイルのつけ汁です。
こういったスタイルのつけ汁はカツオ感が前面に出ているものが多いですが、
こちらのつけ汁はもう少しマイルドな節の風味です。鯖系の節などを使っているのかな?

非常に美味しいのですが、よく考えたらこれってグループ店の頑者のつけ麺に似ている気が。
頑者のつけ麺なら頑者で食べればいいので、こちらにしか無いメニューにすればよかったかな。

ひとつ違うとすると、海老辛子なるジャコ海老と辛子を混ぜたものが付いてきて、
こいつをいれるとアクセントで微かに海老の風味がする辛つけ麺に変身するのです。
途中から味を変えられるので1杯で2度美味しかったです。

麺は、きしめんのような平打の太麺で、ツルッとしたうどんのようなコシのある麺です。
ツルツルの麺ですが、ドロドロのスープなのでよく絡みます。
たまには平打ち麺のつけ麺も面白いですね。量は300g位かな。十分です。

麺の上には一際目立つ分厚い低温調理の豚チャーシューが乗っています。
厚みがありボリューミーなのに柔らかく、非常に美味しかったです。
他の具は、つけ汁に沈んでいるメンマ、ネギ、ナルトです。

最後にスープ割りにしてもらうのですが、スープはコッテリ豚骨かサッパリ和風を選べます。
さっぱり終わりたかったので和風スープで割ってもらいました。
和風スープで割るとカツオ風味がプラスされまた違った味わいになりました。
一杯で何度も美味しいつけ麺でしたね。

メニューです。クリックで拡大します。


2015年2月夜、再び、UNDER GROUND RAMENを訪れました。
前回は、濃厚魚介豚骨つけ麺を頼んで頑者のつけ麺そっくりだったので、今回はつけガンジャにしました。

つけガンジャ 830円 3.4

10~15分程度で出てきたつけガンジャは、豚骨スープのつけ麺でした。

麺は前回の濃厚魚介豚骨つけ麺と同じ、きしめんのような平打の太麺で、
ツルッとしたうどんのようなコシのある麺です。
ツルツルの麺ですが、意外とよくスープに絡みます。

つけ汁は、豚骨出汁のスープなんですが、つけ麺にありがちなトロっと乳化したタイプではなく、
割とシャバシャバです。表面には厚い油膜がはり、背脂がビッシリ浮いています。
豚の旨味よりはニンニクの風味が強く効いた醤油スープで、パンチの有る味ですね。
豚の出汁よりも、にんにくの風味と、背脂の甘味と風味が全面に出てきています。

この手のシャバシャバ豚出汁スープは、ひとつ間違うとチープな味になりがちですが、
ニンニクの風味と濃い味でパンチがあり、なかなか美味しかったです。

具は、まるごと1個のゆで卵、とろっとしたバラチャーシュー、メンマ、ネギです。
ノーマルで卵が丸ごと入るのは珍しいですね。
チャーシューはトロトロホロホロで十分美味しいですが、前回のレアチャーのほうがより美味しかったです。

どちらが美味しいかと聞かれれば前回の濃厚魚介豚骨つけ麺を選びますが、
あれは頑者そっくりで頑者で食べればいいので、
せっかくアンダーグラウンドラーメンに来たら、ここならではのメニューのつけガンジャですね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す