武蔵野うどん ねこや@川越市で肉汁うどん

2021年7月午後、埼玉県川越市のうどん屋「武蔵野うどん ねこや」に行ってきました。

お店は、鶴ヶ島駅から徒歩19分、霞ヶ関駅から徒歩21分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

元々、武蔵野うどんの有名店だった田舎打ち 麺蔵があった場所ですね。

肉汁うどん 中 860円 3.4

おすすめとなっていた肉汁うどんにしました。
まあ武蔵野うどんといえば、ヒヤアツの肉汁が定番にして王道ですね。

麺量は、並375グラム、中555グラム、大755グラムくらいと言っていた気がしましたが、よく覚えていないので多分違うと思います。うどんは茹で後計算なので、茹で前のラーメン換算だと大体半分くらいになります。だとすると、つけ麺で250グラム強くらいの中がいいかな。並でもいいけどやや軽めか。

ということで出てきた肉汁うどんですが、麺量もしっかりで迫力ありますね。
肉汁も、肉やネギなど具がたっぷりで、汁も波波です。

武蔵野うどんらしい長くて太い麺は大迫力ですね。割と色白でテカッとした風貌ですね。

麺だけ食べてみると、これぞ武蔵野うどんという感じの硬めの噛みコシがあります。
特に尖りや特徴はないフラットなものですが、これぞ武蔵野うどんという硬めのコシは良いものです。

肉汁は、オーソドックスに鰹出汁中心だとは思いますが、味わいはもっと複雑で、結構サバ感?を強く感じますね。サバみたいな魚脂の強い旨味がしっかり効いているので、味わいが単調ではなくなかなか美味いです。

うどんつけて食べると別に普通なのですが、汁だけ飲むとなんか厚みがあって良い感じ。

豚バラ、ネギ、油揚げもたっぷり入っていて申し分ありません。
ネギは甘いけど、豚肉はなんか平凡かな。

そういや、汁に豚の脂の旨味甘味があまり溶け出ていない気がしました。
魚介感の方が強くて目立っていたから、隠れていたのかな。

出汁湯が無料で付けられるのでこちらを付けてもらって、最後にスープ割にしていただきました。

出汁は煮干し系のもので、これで割るとさらにスープに厚みが増しますね。
やはり麺よりもスープの印象が強かったですね。美味い!

飲み終わったら”ねこや”なだけに猫がお目見えしました。

武蔵野うどん ねこや 店舗情報

食べログ → 武蔵野うどん ねこや

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す