米澤豚とんかつ あげてけや 鶴ヶ島若葉店のご飯が美味い

2021年9月夜、埼玉県鶴ヶ島市のトンカツ屋「米澤豚とんかつ あげてけや 鶴ヶ島若葉店」に行ってきました。

お店は、若葉駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店の横にあります。

和食の天狗の店の一部を改装して、トンカツ専門店の業態の店ができました。この業態はグループで初めての店みたいですね。

天狗といえば都内の天狗酒場でたまに会合で使うくらいで、こちらの若葉の和食屋も行ったことなかったのですが、米沢豚の衣の白いトンカツと聞いては行かないわけにはいかない。

トンQかつ敏など、最近はチェーンでもなかなか美味いトンカツ屋も珍しくないですからね。

特選ロースかつ膳 2178円 3.8

メニューを見渡し、当然一番高級そうなこちらにしました。ロースの最上位が基本ですね。
リブロースということで、しっかり脂の刺した上質なロースカツが楽しめそうです。

まずはキャベツがやってきました。手始めに軽めの盛りですが、おかわり自由なので後で盛り盛りに貰いました。
ドレッシングは、和風、胡麻が揃っていて、オリーブオイルも出てきます。

そして、とんかつが登場です。

いや確かに白いね、ここまで白いのを見るのは成蔵以来かもしれないです。

180グラムということでボリュームも十分です。

ご飯、味噌汁、漬物と十分な内容の定食です。

ご飯が釜炊きでインパクトがありますね。もちろんお代わりもできます。

漬物も豪華な内容で、沢庵嫌いな私が美味しく食べれるくらいに臭みのない沢庵でした。

肝心のリブロースカツですが、色がこれだけ薄いだけあって低温で時間をかけて揚げてあるのでしょう。

中のお肉もレア仕上げまではいかないですが、ほんのりピンク色で最高の具合に仕上がっています。熱変性し切らないくらいのほんのりピンクが最高ですね。

リブロースらしい複雑に脂身が入った肩ロースみたいな構成のお肉で、流石に柔らかで脂身も豊かでジューシーですね。文句なく美味いトンカツといえます。

ただ、ものすごく飛び抜けた柔らかジューシーさや肉の旨味や風味までは感じないかな。
良いトンカツを食べすぎて舌が麻痺してるのもありますが、特別感までは感じない良くできた上質なトンカツという印象でした。

いや、すごく美味いんですよ。しかし、米がそれ以上に美味すぎてなんだか霞んでしまった。

この釜炊きのご飯が美味すぎました。一人用の鉄釜で出てくるご飯は、演出のために鉄釜に盛られて出てくるわけではなく、本当に鉄釜で一人分を炊いてるのがよくわかるクオリティでした。

超熱々なのはもちろんなこと、とんでもなく瑞々しいのです。上の方の表面付近は下手したらお粥なのではないかと思うほどに瑞々しい感じでした。

しかし、粥のようにやわやわではなく、しっかり粒が立っていてやや硬めに仕上がったお米なのです。このしっかりした粒の米と、表面が水っぽいくらいに瑞々しくなっているのが両立している米は、驚くほどのうまさです。水加減が最高に成功した時の米を、さらに数倍グレードアップしたような炊き具合でした。

米自体は超最高級という感じではなく、超一流の一等米ほど粒が大きくなくモチモチもしていませんが、とにかく炊き具合がとてつもなく素晴らしいものでした。

あまりに美味いので、とてもトンカツでご飯を食べる気にならず、ご飯だけでいただきました。

まさか、おかずがボトルネックになって、おかずでご飯で食べる気にならないとは思わなかった。そのおかずもハイレベルなもののはずなのに。

ちなみにごはんは割と少なめなのでおかわりしましたが、おかわりもまた鉄釜で出てきます。
当然頼んでから炊き始めるので出てくるまで20分くらいかかります。一回目が出てくると同時くらいに頼まないとなかなか出てこないので注意ですね。


2021年10月夜、埼玉県鶴ヶ島市のトンカツ屋「米澤豚とんかつ あげてけや 鶴ヶ島若葉店」に行ってきました。

ロース&ヒレ コンビかつ膳 1848円 3.5

前回はリブロースにしましたが、今回はノーマルのロースとヒレのセットですね。

ヒレは、このコンビかつ膳やランチのだと薄い一枚一枚のもので、ヒレ単体だと棒ヒレスタイルなので迷いましたが、やはり両方味わいたかったのでね。

まずは前回同様にキャベツが出てきます。今回もお代わりしてガッツリいただきました。

そしてやってきたメインです。ロース90gヒレ70gということで、ボリューム感はちょうど前回と同じくらいかな。これだけあれば十分ですよね。

衣がすごく白いのが特徴なトンカツでしたが、今回はやや狐色に寄った印象でした。
これでもかなり薄い色味のトンカツですが、前回のような際立った白さではないですね。

定食内容は前回と似たような感じですね。そういや漬物が、美味かった沢庵ではなくキャベツでした。

まずはロースからいただきましたが、一切れ目は、あれ?リブロースとあまり変わらない?というくらいの良さでした。

一番美味そうな一切れを選んだのと、揚げたてでジューシーだったのもありますが、この一切れはリブロースと変わらないくらいの柔らかジューシーさを感じました。

2切れ目からは流石に違いを感じましたが、それでもパサつきなど皆無で柔らかく上質なロースカツでしたよ。

比べれば間違いなく特選のが美味いですが、普通のロースでも全然満足の美味さです。

ヒレはやはり単品の棒ヒレのスタイルの方が良さそうだなと感じました。

流石にヒレだけあってすごく柔らかなのですが、70gのヒレだけあって1枚がすごく薄いです。

この柔らかさなら厚かったらもっとすごく美味いだろうなという印象でしたので、やはりヒレ単品の方にするべきでした。

ご飯は前回同様に鉄釜で炊かれたものですが、なんか前回とはまるで違うクオリティでした。

前回感じた圧倒的な瑞々しさが皆無です。なんか普通の米という感じで、全く特別感がありませんでした。

底のほうはカチカチのおこげになっていて、食べにくいくらいでしたね。明らかに水加減失敗している感じです。

今回もおかわりしましたが、10分と経たずに出てきました。

しかし、お代わりぶんも同じような水加減ですね。全く瑞々しさを感じません。こちらはおこげは軽い感じでしたので、まだ良かったです。

2回連続でこれだと、失敗したというよりは炊き方を変えたくさいですね。お代わりが異様に早く出てきたのが気になります。明らかに水加減や火力など炊き方を変えてる気がします。
やはり鉄釜だと出すのに時間がかかるので、早く出せるように変えたのかもしれません。だとしたら大変に残念なことです。

そう言っているそばから、隣の席からご飯が出てくるのが遅い普通の米はないのかとクレームが入っていました。確かにおかわりのみ普通に炊いた米にするなどしたほうが良い気もしますね。

米澤豚とんかつ あげてけや 鶴ヶ島若葉店 店舗情報

食べログ → 米澤豚とんかつ あげてけや 鶴ヶ島若葉店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県鶴ヶ島市の人気記事

コメントを残す