とんかつハウス@川越でロースカツランチ

2016年3月昼、川越のトンカツ屋「とんかつハウス」に行ってきました。

お店は、川越駅から徒歩8分ほどの立地です。
駐車場は、お店とは交差点を挟んだ斜め向かいにあります。

ロースカツランチ 830円 3.7

チキンカツランチ580円をはじめ超リーズナブルなランチ類が並んでいます。
メイン価格帯のランチも830円と安い!
今回は一番基本となるであろうロースカツランチを注文しました。

定食の内容は、ご飯、味噌汁、漬物と標準的な内容です。
ご飯は家庭用のお茶碗に1杯くらいなので、無料の大盛りにしてもらったほうがいいかも。

ロースカツは150g弱くらいでしょうか。ペラペラで小さなランチカツのお店も多いですが、とんかつハウスのランチはお値段以上の厚みです。
この値段でしっかりした厚みのトンカツがいただけるのは素晴らしいです。

しかも、クオリティも極めて高い。完全に熱が通った白く熱変性したお肉ですが、柔らかジューシーでパサつきとは全く無縁です。脂身少なめで上質な赤身が楽しめます。
テーブルには塩も置いてあり、塩でも十分にいただけるレベルのロースカツです。
衣は割りとザクッとしたハードタイプで、下に網も敷いてあるので、ベチャベチャにならない。

830円でこのクオリティこのボリュームのロースカツを食べれるのは素晴らしすぎる。

ランチメニューです。クリックで拡大します。

ランチメニューです。


2016年6月夜、川越のトンカツハウスに再び行ってきました。
今回はディナータイムにやって来ました。20時までとなっていますが早めに閉まっていることもあります。

ロースカツ(大)定食 1650円 3.5

普通のロースカツ定食はランチのロースカツが値段だけ200円高くなっただけのような予感がするので、デラックスなロースカツ(大)にしました。
トンカツがデカイのでライスは大盛りでお願いしました。大盛り無料です。
お茶碗にこんもり盛られた感じでもの凄い多い訳ではありませんが、個人的には十分な量です。
あとは味噌汁と漬物でランチと同じ構成ですね。

しかし、肝心のロースカツのでかさが違う!
体積でランチのロースカツの1.5倍から2倍はあるのではないでしょうか。
220~250g位ありそうな大きめ厚切りのロースかつです。

断面はこんな感じ。ほんのりピンク味を帯びていて、肉汁でキラキラしています。
かぶりついてみると厚切りなのにしっかりと柔らかく、簡単に噛み切れます。
火加減が絶妙なのかパサパサすることもなく美味いロースカツですね。

ただ、超上質なロース肉で蕩けるようなロース肉という感じではありません。
あくまでしっかり筋切して叩いて、絶妙な火加減で仕上げた調理の賜物という感じ。
正直ランチの肉質と変わらないです。厚みが厚くなっただけ。
830円でこの肉質!!というランチのような驚きはないです。

もちろん肉質が悪いわけではなく標準以上ですよ。脂身も口溶け柔らかで良いです。
あくまでも超名店の驚くべきロースカツとは違うよということで、十分美味しいです。
でかいカツって結構良いお値段しますから、このボリュームこのクオリティでこの値段なら納得です。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューです。


ヒレカツランチ 830円 3.7

2019年1月昼、川越のトンカツハウスに久々に行ってきました。
以前はロースカツのランチにしましたので、今回はヒレカツのランチです。
ロースとお値段同じなので気持ち小さめですが、腹八分目ランチとしては十分です。
多分100グラム前後のヒレカツかな。

定食内容は以前と同様に、ご飯、味噌汁、漬物です。もちろんキャベツも。

ヒレ肉なので脂身がなく完全な赤身肉です。しかしその柔らかいこと柔らかいこと。
一切れ少し硬めな部分がありましたが、それ以外はびっくりの柔らかさです。
特に揚げたてで食べ始め数切れは、ふっくら柔らかでパサつきの欠片も感じませんでした。
明らかに特別な柔らかさのあるヒレカツで素晴らしいです。

衣は結構ザクッとハード系ですね。際立って上品な衣ではありませんが、時間が経ってもシナシナせずに良いです。

やや軽めながら、お値段考えると素晴らしいクオリティのヒレカツでした!


カツカレーランチ 830円 3.5

2019年2月昼、川越のトンカツハウスに行ってきました。今回はカツカレーランチです。
でかめのカレー皿に、カレーライスとサラダが合盛りにされているスタイルですね。
乗っているロースカツはロースカツランチ同等かやや小ぶりかなという印象です。

カレーはドロッとした家庭的なタイプで、はじめはマイルドな味わいかなという印象でしたが、よくよく味わってみると結構辛さもしっかりしていますね。
主張しすぎずしっかり美味しい、ロースカツをたてるカレーです。

肝心のカツですが、質的には多分普通のロースカツランチのものと同じだと思うんですが、なんだか普通のロースカツランチのほうがクオリティが高い気がしました。随分前のことなので忘れましたが。
普通に柔らかで美味いカツなんですが、スプーンで食べたからか、どうも普通のロースカツのほうが良かった気がしました。カレーに合わせて部位変えている可能性もあります。
まあカツカレーなんで、しっかり噛み切れさえすれば、細かい肉質はあまり関係無いですけどね。


ロースカツランチDX 980円 3.5

2019年3月昼、また行ってきました。
今回はロースカツランチのデラックスの方にしてみました。150円差ですが如何に?

出てきてまずロースカツのサイズの違いに気が付きますね。
前に食べたディナーメニューのロースカツ(大)までは流石にいかないものの、明らかに普通のロースカツランチよりもでかいです。というか厚い。200g弱くらいあるのかな。

今回はご飯も大盛りにしました。予めの大盛りは無料ですが、おかわりは有料なので注意!
ノーマルだとお茶碗に1杯という感じでやや軽めなので、デラックスに合わせて大盛りにして正解でした。

ノーマルよりも明らかに厚みのある立派な肉で、ランチのとんかつとしては十分すぎでしょう。
肉質は際立ってハイレベルという感じではなくノーマルと同じ感じですが、揚げの技術か非常にふっくらジューシーに仕上がっています。パサつきの欠片もないジューシーさです。
肉質は十分ながら飛び抜けた感じはないと思っていましたが、脂身は上品にスッと溶けてしつこさが全く無く、なんか上質な感じでした。

衣は相変わらずハードめに仕上がっていて過不足なしです。

これだけのクオリティでこれだけのボリュームのロースカツを1000円以下で食べられるのですからすごいですね。150円違いなら絶対にデラックスにしたほうが満足感が上がります。


あじフライランチ 780円 3.5

2019年9月昼、また行ってきました。今回はアジフライにしました。
なんかアジフライというとトンカツと比べて食べごたえに劣る気がして今まで避けていましたが、本日はあまりお腹が減っていなかったので今だと注文してみました。

しかし出てきてびっくり、予想よりも随分大きなアジが2尾ではありませんか。
目方が立派なので、衣が厚いのではないかと思いましたが、全然そんなことなく厚い身の立派なアジでした。

この値段のランチでこんな立派なアジフライが出てくるとは思いませんでしたよ。
全然食べごたえありましたね。

タルタルソースが添えられていてこれでいただきましたが、変にこだわりの自家製タルタルみたいな、粗挽きチックなスタイルの卵や野菜がゴロゴロ入っているものではなく、シンプルなもので良かった。変なゴロゴロスタイルのタルタル嫌い!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す