十割蕎麦みかあさ@川越市霞が関で「太しめじ天せいろ」

2017年3月夜、埼玉県川越市は霞が関の蕎麦屋「十割蕎麦みかあさ」に行ってきました。

お店は、霞が関駅から徒歩5分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうでしたので、近くの1時間100円のコインパーキングに停めました。

太しめじ天せいろ 1000円 3.5

「お酒を楽しむための蕎麦屋」をコンセプトにしていて、お酒やおつまみメニューが非常に充実しています。その反面、蕎麦のメニューは非常に少なく、あくまでも〆としての蕎麦なのです。

蕎麦は普通の盛りそばの”せいろ”にしましたが、それだけでは味気ないので、太しめじの天ぷらも注文しようとしましたが、単品だと結構多めで、ハーフの天ぷらがついたセットの太しめじ天せいろがあるというので、そちらにしました。

まずは、太しめじ天ぷらがでてきました。デカイしめじ5,6本とシシトウ1本の天ぷらです。
市場に出回らないサイズだという太しめじは本当にビッグサイズで、1本1本で天ぷらとして成立しています。シシトウと比べるとサイズ感が分かると思います。

薄く軽い衣でパリッと仕上がっていて良い感じですね。
中のシメジもふっくら蒸された感じになっていて、非常にジューシーです。
さすがにシメジは味が良いですね。舞茸天とかより好きかも!
塩で食べると最高です。これは美味いわ!

天ぷらを食べていると程なくして蕎麦も登場です。締めに丁度よいサイズと書かれていたので少ないかと思いましたが、割としっかりした盛りそばサイズです。
かなりの細切りで、軽く星も見え割と色が濃い、特徴的なビジュアルですね。

辛汁は、出汁感よりもカエシがしっかりしている感じで、結構甘みも目立つタイプです。
薬味は、山葵、おろし、ネギです。

細打ちであることが最大の特徴のお蕎麦です。色は茶色っぽい灰色で割りと濃い色ですね。
蕎麦だけ啜ってみると、なかなかに蕎麦の香りを感じられます。
舌触りも仄かにザラッとッとしていて蕎麦らしさがあり良いです。

ただ、やはりかなりの細打ちであるため、噛みごたえがチープな感じでなんですよね。
あまりコシ的なものがなく、クシャッとした噛みごたえで、まるでビーフンみたいです。
出てきた直後はまだ良いのですが、劣化が早く乾いてくると更にコシがなくなります。

これはこれで非常に個性的で特徴がある蕎麦で良いのですが、個人的にはしっかりしたコシがある蕎麦のほうが好みです。まあ、どこのお店でも同じような蕎麦だとツマラナイので、たまにはこういった変わった感じの蕎麦も良いものですがね。

蕎麦湯は、超特濃の、白濁したドロドロタイプです。蕎麦粉とかを添加したタイプですね。
濃厚で非常に飲みごたえがあります。うまいどー!

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す