笑堂@川越市で豚骨ラーメン「豚そば」

2014年11月夜、川越のラーメン屋「笑堂」に行ってきました。

最寄りの本川越駅からは1キロほど離れています。
喜多院なども近いので、観光ついでにバスで訪れられる立地です。

店内は狭くカウンター席のみでした。
口頭で注文して後払いの方式のお店です。

駐車場は少し離れたところに3台分用意されています。

豚そば 750円 3.2

今回は最も基本の「豚そば」を注文しましたが、5分と経たずに出てきました。

乳化した豚骨の出汁に細麺の一般的な博多とんこつラーメンのスタイルですが、
スープは少し茶色味がかっていますね。
掲示によると、スーパーゴールデンポークの豚骨、鶏ガラ、魚介も入っているようです。
ふむふむ、単純な豚骨とは少し違うのですね。

スープを見ると、いうほど深く乳化しておらず、トロ~ンとしたスープではありません。
ただし、表面に分厚い脂分の層がデロ~ンとあり、スープ全体としてはコッテリです。
薄めの豚骨スープに他の出汁の要素を足したようなスープです。
かなり油ギトギトコッテリですが、こってりラーメンらしい強烈な旨味には少々欠けます。

麺は博多とんこつラーメンのような固茹での極細麺です。

具は博多とんこつラーメンとして一般的な青ネギ、きくらげ、チャーシューです。
博多とんこつはチャーシューが薄めですが、こちらはかなり厚めのチャーシューでした。
集めというか、むしろ角煮のようでした。当然柔らかくほろほろと崩れます。

シンプルなとんこつラーメンとしては少々高めですが、
これだけ立派な肉の塊が入っていれば満足度も増します。

そして、博多とんこつラーメンといえば替え玉です。
普通の替え玉100円もありますが、このお店の特徴は5色の替え玉150円です。

今回は一番人気だという黒玉を注文しました。
焦がしにんにくマー油がかかっていて、
熊本ラーメンのような味わいに変化するのでしょうか?

しかし、焦がしにんにくマー油が多いのか、スープを消費しすぎたのか、真っ黒に・・・
味も豚骨感が完全に打ち消され、焦がし油の味しかしなくなってしまいました。
元々スープが少なめなので、焦がしにんにくマー油はもう少し少なくてもいいかも。
完全に味を変えたい人以外は、普通の替え玉のほうがいいかもしれません。

メニューです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

メニューの続きです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す