立川マシマシ 8号店@川越市で二郎系ラーメンではなくマシライス

2017年8月夜、埼玉県川越市のラーメン屋「立川マシマシ 8号店」に行ってきました。

お店は、本川越駅から徒歩2分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って右手の券売機で食券を購入してカウンター席に着きました。

マシライス 750円 3.6

二郎インスパイア系のラーメン屋で、いわゆる野菜増しのラーメンがメインですが、そんなものは星の数ほどある二郎インスパイア店で食べられます。立川マシマシならではのメニューはやはりマシライスでしょう。

知り合いが一時期マシライスのごはんマシマシを連日のように食べていて気にはなっていたのですが、わざわざ東京まで行ってジャンキーな食べ物を食べる気にならず、食べずじまいでした。ついに埼玉にも立川マシマシができたと聞きやってきた次第で、当然念願のマシライスにしました。

値段は同じ750円ですが、少なめ175g、普通350g、マシ525g、マシマシ700gまで選べます。
せっかくなのでマシくらいにはしたかったのですが、初めてで不安もあり普通を選びました。
出てきて、やっちまったか!軽めじゃないか!と思いましたが、食べ終わってみれば普通に十分でした。少し大盛目のカレーライスといったボリュームです。

正直もう少し食べたい気がしましたがこのくらいが健康にも良いでしょう。個人的には多分マシくらいが一番満足できる量かな。マシマシも食べられると思うけど。後半お腹いっぱいで美味しくないだろうな。

もやしキャベツが入った、極めて薄い鶏出汁みたいなスープも付きます。
多分人工的な調味料で作ったもので、モヤシキャベツもチョロチョロでしょぼいスープです。

マシライスですが、予想通り超ジャンキーな食べ物でしたが、味は完全に予想以上でした。
背脂でギトギトに炒め煮にした豚そぼろが掛かったご飯ですね。
味はそぼろ、あるいはしぐれ煮という感じの、醤油と砂糖やみりん系の甘辛醤油味です。
ここに鷹の爪で辛味、ニンニクでパンチを加えてあります。ポロポロのそぼろと違って、さらに背脂などでヒタヒタに仕上げてあるので、ちょっとカレーのルーっぽいですね。

甘辛醤油味の時点で王道の美味さなのに、そこに辛味とパンチが添加され、脂で濃厚さとコクも加わっているので、素晴らしくジャンキーで素晴らしい美味さです。
濃い味系のジャンク飯の王道ですね。これはクセになりそうです。予想以上に美味しかったので、はやくもマシマシを食べたくなってきましたが、日常的に食べたら病気になりそうですね。

立川マシマシ 8号店 店舗情報

食べログ → 立川マシマシ 8号店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県川越市の人気記事

コメントを残す