ホワイト餃子はながさ本川越店で、やき餃子、ゆで餃子

2014年12月夜、川越のホワイト餃子に行ってきました。

ホワイト餃子は千葉県野田市に本店がある餃子店で、
各地に支店や技術連鎖店があります。

こちらは、日高市にある技術連鎖店の「餃子のはながさ」の川越店みたいですね。

お店は本川越駅から道路を挟んだ目の前にあり、徒歩1分ほどです。
店内は結構狭くカウンター席10席位です。

結構、持ち帰りの冷凍餃子を買いに来ている人が多かったですね。

やき餃子8個 395円 3.4

まずはこれ、基本の焼き餃子です。
ホワイト餃子とはいうものの、普通の餃子よりよほど茶色いです。
ずんぐりした俵型で、茶色い色も相まって、いなりずしのようです。

色からして揚餃子のようなのかなと思いましたが、
実際の食感は普通の焼き餃子です。

餡に入っている具材は、荒目の刻み方で、ザクッとした野菜の食感があります。
にんにく不使用ということでしたが、結構味にパンチがあると思います。

うむ、普通に美味しい餃子ですね。
コスパも、王将や餃子の満州ほどではありませんが、十分良いです。

ゆで餃子 390円 3.0

焼餃子だけではつまらないので、茹で餃子も注文しました。
値段はほとんど同じですが、こちらは餃子5個だけです。

餃子を茹でたもので、水餃子と同じ食感ですね。
ただ、水餃子のようにお湯に浸かっておらず、
お皿に盛られて、もやしをたっぷり添えて、ピリ辛のタレを絡めてあります。

これはこれでおいしいですが、個人的にはやはり焼き餃子のほうが好きかな。
コスパも焼き餃子の方が良いし。

白湯餃子 390円 3.2

こちらはパイタンスープに餃子が入っている白湯餃子です。
白湯スープに大きなチャーシューがのっていて、ぱっと見餃子が見当たりません。

レンゲですくってみると、餃子が2つ出てきました。というか2つだけです。
代わりに細く切られたチャーシューが更に入っていました。ザーサイも入っています。

なんだか餃子よりもチャーシューのほうが主役のようです。
餃子2個は少々拍子抜けかな。

肝心のスープのお味は、鶏がらだしのスープに豆乳を加えてマイルドな味です。
白さも鶏ガラの乳化ではなく、豆乳によるところが大きいようです。
ただ、マイルドでとても美味しく仕上がっています。餃子もチャーシューもよく合う。
美味しいのですが、やはり餃子2個は物足りなすぎます。

ライス 100円

私は、餃子にはライスが欠かせません。
普通のお茶碗に1杯分のご飯に漬け物のセットですが、100円とリーズナブルでした。

メニューです。クリックで拡大します。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す