近喜屋@川越市でラーメン「濃い口ら~麺」

2018年6月午後、埼玉県川越市のラーメン屋「近喜屋」に行ってきました。

お店は、川越駅から徒歩7分ほどの立地です。
駐車場は、お店の建物の横の駐車場内にありました。

入口入って右手の券売機で食券を購入してからカウンター席に着きました。

しかし店が臭い。券売機で食券を購入している時に、生ゴミというか食肉加工場の臭いというか、鼻の悪い私でも気になるくらいの臭いがしていました。
ラーメンは美味いのに店が不衛生なのはモッタイナイなあと思います。ラーメンの味だけでいえばもっと評価されてもいいはずなのに。

濃い口ら~麺 800円 3.4

基本の「ら~麺」が店のおすすめと書かれていましたが、一番人気と書かれている「濃い口ら~麺」の方にしました。
出てきて麺の太さが目に入ります。水面から太麺がガッツリ顔を覗かせているのは珍しい。
つけ麺みたいな太麺でやや縮れですね。加水率高めのツルっとした麺で、太いだけあって噛みコシがあります。煮干し系の魚介スープなのでもっと細麺でもいい気もしますが、これはこれで意外とマッチしていました。

さてスープですが、店の汚さ臭さからは考えられないしっかりしたものでした。
微乳化の動物スープに節や煮干しなどの魚介を合わせたダブルスープのようです。
一瞬鰹節っぽいかと思いましたが、味わっていくと煮干しの風味が一番目立ちますね。
煮干しラーメンのようにガツーンと煮干し臭さやエグミがダイレクトに来る感じではないのですが、確かに濃い煮干しの旨味が存分に楽しめます。

甘みは無く、王道のダブルスープという感じで非常に良い出来です。特に魚介成分は濃厚で味わい深い。
また水面が薄く油膜で覆われていて非常に熱々なのが良かったです。

具は、チャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、海苔です。
チャーシューはロース系の赤身主体のものですが、ホロっと崩れるくらいに柔らかです。しかし、やや煮込み過ぎた感じというか、周りが固くなって全体的にもややパサツキ気味でした。
玉ネギは熱々のスープに浸しておいたら甘みが増して美味かった!


2018年7月午後、川越市の近喜屋に再び行ってきました。
やや涼しいからか前回ほどではないけど、相変わらず臭う店だ!

焦がし醤油つけ麺 800円 3.4

今回はつけ麺にしようと思っていましたが、普通のつけ麺、焦がし醤油つけ麺、カレーつけ麺と3種類あって迷います。まずは普通にしようかと思いましたが、どうしても焦がし醤油が気になってしまった。

標準的なサイズのつけ汁と、やや軽めで200グラム強くらいの麺で、見た目は普通です。
出てくる直前バーナーで何かを炙りまくっていたので、つけ汁の表面でも派手に炙ってるのかと思いましたが、全然普通の風貌でした。
スープによく炙られたチャーシューが沈んでいたのでこれだったのか。

微かにトロみもあるものの、ほぼシャバシャバのつけ汁です。焦がし醤油というだけあって、出汁よりもカエシの醤油感が力強いスープですね。
香ばしくややビターな醤油感が目立つかと思ったら、これは煮干しのエグミか。
なんとなくサバ?や、片口系の煮干しっぽい旨味とエグミを感じる醤油味のスープです。

本当にシャバシャバ系なので、ややカエシの強いラーメンのスープのようで、さっぱりスルスルッといけます。
かといってアッサリ過ぎてチープという感じではなく、味に厚みがあり美味いですよ。
散々食べ飽きた濃厚ダブルスープのつけ麺とは趣の違うつけ麺で良かったです。

麺はつけ麺としてはやや軽めな200グラム程度です。やや細めくらいの太麺で、これ前回のラーメンの麺と同じですね。
冷水で締められているのでしっかりコシはありますが、太麺ラーメンチックな感じは拭えません。シャバシャバつけ汁と相まって、なんだかラーメンを食べている感がありました。

ちなみに具は、麺に乗っている海苔、そしてつけ汁に沈んでいた炙りチャーシュー、太メンマ、刻みタマネギです。チャーシューは脂身があまりないものでしたが柔らかく仕上がっていて、表面は香ばしく炙られていて美味かった。

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県川越市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す