大勝軒 武蔵高萩店@日高市でラーメン「ワンタン麺」

2017年4月夜、埼玉県日高市のラーメン屋「大勝軒 武蔵高萩店」に行ってきました。

お店は、武蔵高萩駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

ワンタン麺 900円 3.3

一番基本の中華そばが800円でチャーシュー麺が1000円ですが、永福町大勝軒系の店ではワンタンメンが人気があるので、ワンタン麺900円にしました。
中華そばと100円違いならワンタン入っていた方が嬉しいでしょう。

出てきたラーメンは、永福町大勝軒系ならではのドデカイ丼ぶりがシルバーのお盆に乗ったスタイルで、大迫力です。もちろん標準で麺2玉分の大ボリュームで、見ただけでお腹いっぱい!

さて肝心のお味ですが、典型的な永福町大勝軒系の、澄んだ清湯の醤油スープに煮干を合わせてあるものに油膜が張っているスープです。
永福町大勝軒系は豚ガラの清湯スープのはずですが、こちらの武蔵高萩店はあまり豚の旨味を感じず鶏ガラみたいだなという印象でした。よく考えたら水面に厚いラードの油膜が張っておらずスッキリしているんです。クリアな煮干とラードの旨味が永福町系の味の決め手だと思うので、ちょっと物足りなさがあります。

煮干の旨味とエグミは存分に出ていて、しっかりした濃い煮干の旨味と、味のアクセントになるくらいの微かなエグミが味の中心になっています。この煮干し感とラードの旨味の両輪で味が完成するはずですが、ちょっと煮干頼りで単調な気もします。
あと、結構胡椒が効いていて辛めでした。確かに永福町大勝軒系の味でしたが、今まで食べてきた系列店の中ではあまり好みではないほうかも。

麺は、何とも特徴のない、やや縮れの中細麺で、まさに昔ながらの中華麺という感じ。
こちらのお店では結構柔らかめに茹でられています。昔ながらの素朴な麺なので、柔らかめでも悪くはないですが、麺量が多いので後半伸びてきてしまいがちです。

それにしても油膜が少ないものの、意外と後半まで冷めずに熱々です。
そう考えてみると、永福町大勝軒のラーメンが冷めにくく後半まで熱々なのは、油膜に加えて丼ぶりが大きくスープがなみなみなのも影響しているのかもしれません。

ちなみに具材は、昔ながらの歯ごたえのあるチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、ナルトで、追加のワンタンも7,8個入っています。
ワンタンは餡が少ない皮が主役のものですね。
何故か餡からエグミを感じましたが、煮干でも入っているのだろうか。

大勝軒 武蔵高萩店 店舗情報

食べログ → 大勝軒 武蔵高萩店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

同じ埼玉県日高市の人気記事

コメントを残す