はつがい商店@鶴ヶ島市で「つけそば」

2019年7月夜、鶴ヶ島市のラーメン屋「はつがい商店」に行ってきました。

お店は、鶴ヶ島駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って左手の券売機で食券を買ってからカウンター席に着きました。

ちなみに同じ店舗で、木曜日のみはつがい麻婆豆腐店として営業しています。

つけそば 760円 3.6

結構メニューバリエーションがあり迷いましたが、券売機一番上のつけ麺にしました。
麺は同一料金で220グラムと300グラムが選べましたので、300にしました。

濃厚にドロッとしたつけ汁に、300グラムの太麺という、非常にオーソドクスなスタイルのつけ麺ですね。

麺は正に300という感じの盛りでボリューミーですが、つけ汁は結構少なめですね。
ドロドロで掬い上げが良く、割としっかりしょっぱさがあるので、ややこそぎ落としながら食べたら、麺量丁度でつけ汁が無くなった感じでした。

非常に濃厚に乳化した動物スープに鰹節鯖節などの魚介を合わせた、非常にオーソドックスなスタイルのダブルスープのつけ汁です。正につけ麺という感じの王道の味わいです。

しかし完成度はかなり高く、同じような味付けのお店の中でも完成度かなり高いです。
結構甘みがしっかりしている系統ですが、魚介系もしっかりしているのでチープさというか違和感がありません。
動物と魚介が輪郭ぼやけてマイルドに融合していて、本当に旨味が濃厚です。
カエシも醤油感と甘みがしっかりしているのに角がないマイルドさ。

麺は正につけ麺という感じの、ストレートな太麺がたっぷり300グラムです。
星の散らばった多加水のツルッとした麺は、冷水で締められて良いコシですね。つけ麺として理想的な麺です。

具は麺の上にカイワレとレモンが乗って、つけ汁にはチャーシューとウズラの卵とメンマと魚粉の乗った海苔が入っています。
ノーマルのつけ麺で800円を切りますので、具材はやや控えめな感じかな。特製のほうがいいかもしれませんね。

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県鶴ヶ島市の人気記事

関連ページ by google

コメントを残す