はつがい商店@鶴ヶ島市で「つけそば」

2019年7月夜、鶴ヶ島市のラーメン屋「はつがい商店」に行ってきました。

お店は、鶴ヶ島駅から徒歩1分ほどの立地です。
駐車場は、無さそうです。

入口入って左手の券売機で食券を買ってからカウンター席に着きました。

ちなみに同じ店舗で、木曜日のみはつがい麻婆豆腐店として営業しています。

つけそば 760円 3.6

結構メニューバリエーションがあり迷いましたが、券売機一番上のつけ麺にしました。
麺は同一料金で220グラムと300グラムが選べましたので、300にしました。

濃厚にドロッとしたつけ汁に、300グラムの太麺という、非常にオーソドクスなスタイルのつけ麺ですね。

麺は正に300という感じの盛りでボリューミーですが、つけ汁は結構少なめですね。
ドロドロで掬い上げが良く、割としっかりしょっぱさがあるので、ややこそぎ落としながら食べたら、麺量丁度でつけ汁が無くなった感じでした。

非常に濃厚に乳化した動物スープに鰹節鯖節などの魚介を合わせた、非常にオーソドックスなスタイルのダブルスープのつけ汁です。正につけ麺という感じの王道の味わいです。

しかし完成度はかなり高く、同じような味付けのお店の中でも完成度かなり高いです。
結構甘みがしっかりしている系統ですが、魚介系もしっかりしているのでチープさというか違和感がありません。
動物と魚介が輪郭ぼやけてマイルドに融合していて、本当に旨味が濃厚です。
カエシも醤油感と甘みがしっかりしているのに角がないマイルドさ。

麺は正につけ麺という感じの、ストレートな太麺がたっぷり300グラムです。
星の散らばった多加水のツルッとした麺は、冷水で締められて良いコシですね。つけ麺として理想的な麺です。

具は麺の上にカイワレとレモンが乗って、つけ汁にはチャーシューとウズラの卵とメンマと魚粉の乗った海苔が入っています。
ノーマルのつけ麺で800円を切りますので、具材はやや控えめな感じかな。特製のほうがいいかもしれませんね。


限定 牡蠣のつけそば 900円 3.8

2019年11月午後の訪問。今回は限定の牡蠣のつけそばにしました。

つけ麺は標準で220グラムということで、つけ麺にしてはやや軽めの印象です。
せっかくの贅沢な牡蠣のつけ汁を無駄にしたくないので、大盛りにしても良かったかなと思いましたが、贅沢につけ汁を使って食べたら割と丁度良いくらいでした。

大きめの牡蠣5個分が溶け込んだというつけ汁は、牡蠣をそのまま液体にしたような濃厚な牡蠣の色をしています。とにかく濃厚で牡蠣の風味を存分に味わえるつけ汁で美味!

牡蠣を細かく粉砕してそのままスープにしたような感じですが、それだけではなくベースとなるスープの旨味も感じるような気がします。
ものすごく全面で牡蠣牡蠣しているというだけではない感じです。

麺はつけ麺らしい太麺で、やや星も見える多加水のツルッとした麺で、コシもしっかり。

チャーシューもつけ汁に入ったホロッと柔らかなバラチャー、麺に乗った鶏豚のレアチャーと豪華です。


ラーメンセット 900円 3.5

2020年7月午後の訪問。今回はラーメンセットにしました。中華そばor塩そばからラーメンを選べ、丼や一品とご飯などがセットになっています。

以前ランチセットというのがありましたが、無くなってラーメンセットになったということは夜もあるのかな?

何はともあれ醤油ラーメンの中華そばの方にしてみました。
澄んだ清湯の醤油ラーメンで、まさに中華そばという感じの風貌ですね。

非常にクリアな淡い出汁で、非常に上品な味わいです。びっくりするほど澄んですっきりクリアというか、淡く優しい味わいで一瞬厚みがない気がするものの、奥行きがあって不思議と旨みがしっかりしています。

鶏+魚介な気もしましたが、すごく澄んですっきりなので魚介オンリーかもしれません。
昆布鰹節みたいなオーソドックスな出汁だけではなく、他の乾物なども入っていそうです。
淡く繊細な感じでしたので、もしかしたら塩のほうがより出汁を感じられたかも。

麺は比較的ストレートな細麺で、ツルンとした割と多加水系のものが、やや固めに仕上がっていて良い食感です。

具は、セットだからなのか、もともと中華そばはこうなのか分かりませんが、ネギとフライドオニオンとあまりにシンプルでした。

少ししてからセットが出てきました。この日は、ご飯と油淋鶏でした。
いや、想像以上に立派ですよ。ラーメンのサイドメニューのミニ丼とかとは一線を画する規模!

むしろこちらがメインなんじゃないかと思うほどのボリュームで、これだけで油淋鶏定食としても成立するくらいに立派な油淋鶏と、小ではなく普通盛りのご飯が付きます。

油淋鶏はしっかりサクッと仕上がっているのですが、タレにひたひたに浸かって、上にはこれでもかとネギや生姜などが乗っているため、割と柔らかくなりがちです。

中のお肉はこれぞ胸肉という感じの、非常にスッキリとした味わいになっています。かなりさっぱりな味わいでササミかと思ったほどです。でも、しっかりふっくらしっとり仕上がっていて、衣も付いているので非常に美味いです。揚げたてアツアツだしね。

想像以上にしっかりした量とクオリティの油淋鶏で驚きました。ラーメンなくても定食として成立するレベルです。これで900円はお得感がありますね。


激辛の麻辣つけそば 950円 3.4

2020年8月午後の訪問。今回は限定の激辛の麻辣つけそばにしました。

出てきてこれは確かに辛そうだという風貌をしていますね。麺に乗った素揚げにされた鷹の爪の量に驚愕です。
ただし、これは素揚げにされているためか、強烈な辛さまではありません。こいつを素揚げにした油が辣油となって、つけ汁を辛くしているんだろうな。

そしてつけ汁ですが、まず粘度がすごいですね。黒胡麻タンタンメンみたいな濃度の高いゴマ味噌系の風味ですが、これでもかとホールの花椒が入っていて、麻味が半端ないです。少し食べただけでも舌がビリビリします。

辣味の方は実はそんなに強烈ではなく、痺れる麻味がメインですね。舌がビリビリするのは刺激的で好きですが、舌がマヒしてすごくしょっぱく感じてしまうのは、仕方ないとはいえやや残念。もう少し麻味を抑えて、辣味を増した方が好きかな。

ラーメンセット 900円 3.5

2020年8月午後の訪問。今回はラーメンセットにしました。
今回のセットは、角煮とガーリックペッパーライスでした。

ガーリックペッパーライスかなりガッツリ盛られていて、非常にボリューミーです。
ニンニク醤油で作った焼き飯という感じの味わいで、非常にパンチがあります。

ラーメン屋なのでラーメンのスープなんかも使っているのかもしれませんが、いかんせんニンニク感が強いので、ニンニクが一番前面にぐいぐい出てきます。

角煮はオーソドックスな甘辛醤油味で、柔らかに仕上がっていて、大変美味でした。

キムチも日本人好みの発酵の進んでいない浅漬けで、クセなく美味しいです。

今回は塩そばの方を頼むはずが、また中華そばにしてしまいました。
しかし、今回は前回よりもなんだか美味かった気がします。

鶏清湯の名店にありがちな、非常にワイルドで力強い鶏出汁のような旨みが感じられ、非常に力のあるあっさりシャバシャバスープでした。なんか今回本当にスープが美味しく感じました。

麺も弾力のあるプリンとした感じに仕上がっていて、スープにも合っていて美味かった。

はつがい商店 店舗情報

食べログ → はつがい商店

タグ:

この記事が役に立ったら「いいね」をポチッとな!

埼玉県鶴ヶ島市の人気記事

コメントを残す